その他のニュース

パフェの日の由来は?6月28日とフランス語と野球の関係にビックリ!

大人も子どもも、みんな大好きなスイーツ「パフェ」

毎年6月28日は、「パフェの日」です。

「ろく・に・はち」なので、語呂合わせじゃなさそうですが・・・

実は、なぜ「パフェの日」が6月28日になったのかについては、なんとフランス語と野球が関係しているんです!

この記事では、「パフェの日」の由来について、まったく縁遠そうな6月28日とフランス語と野球の関係について説明します。




「パフェ」の語源はフランス語の「完璧」に由来!

実は、「パフェ」という言葉は、日本で作られたものです。

語源は、フランス語で「完璧」を意味する「パルフェ(parfait)」に由来します。

フランス語の「パルフェ(parfait)」は、英語の「パーフェクト(perfect)」の親戚ですね。

「パフェ」は、1つのグラスの中で、アイスクリーム、フルーツ、生クリームやその他の甘味が一緒に食べられる「完璧なお菓子」だ、というわけです。

豪華に盛り付ける「パフェ」の歴史は古く、明治時代の鹿鳴館での晩餐会でのメニューとしても提供されていました。

最初は、欧米の賓客を接遇するための高級デザートだったのですが、日本でアイスクリームが広まっていくにつれて、お洒落でボリュームのあるデザートとして、人気が広まったんです。

パフェには、本当にいろんなバリエーションがありますね♪

  • スタンダード
  • フルーツパフェ(ストロベリーパフェ、バナナパフェ、マンゴーパフェ、白桃パフェetc.)
  • チョコレートパフェ
  • 抹茶パフェ
  • プリンパフェ
  • モンブランパフェ
  • ティラミスパフェ
  • コーヒーゼリーパフェ(別名、カフェシンフォニー) etc.



「パフェの日」はプロ野球初の完全試合の日!

では、なぜ6月28日が「パフェの日」になったのでしょうか?

実は、日本のプロ野球で、初めて「完全試合(パーフェクトゲーム)」が達成された日が、1950年(昭和25年)6月28日なんです。

読売ジャイアンツ対西日本パイレーツの一戦。

ジャイアンツのピッチャーの藤本英雄選手は、1回から9回まで、パイレーツのバッターに一人の出塁も許さずに、「完全試合(パーフェクトゲーム)」を達成しました。

この日本初の「『パーフェクト』ゲーム」⇒『パフェ』を祝して、6月28日が「パフェの日」になったんですね。

うーん、正直、ちょっと強引な気もしますが、まあパフェは美味しいから、いいでしょう笑



フランスの「パルフェ」との違いは?

実は、同じ語源のフランスの「パルフェ(parfait)」は、卵黄と生クリームを使った濃厚なアイスクリームのような「氷菓」で、日本の「パフェ」とはまったく異なるデザートです。

フランスの人と「パルフェ」と「パフェ」の違いについて話したら、盛り上がりそうですね。



アメリカの「サンデー」との違いは?

「パフェ」に似たデザートに、アメリカ発祥の「サンデー(sundae)」があります。

アイスクリームに、ホイップクリームやナッツ、果物などを乗せて、ホイップをかけたデザートですね。

元々、安息日である日曜日に贅沢なパフェを食べることを避けて、日曜美にも売れるようにより質素なサンデーと作った、という説もあるようです。

現在では、ステーキ屋さんのデザートで大ボリュームの「サンデー」が出てきてビックリすることもありますし、質素な感じはまったくしないですね笑

まったく違う日本とアメリカで、似たデザートが生まれた、というのも興味深いです。

以上、「パフェの日の由来は?6月28日とフランス語と野球の関係にビックリ!」についてお話しました。

お役に立てたなら、うれしいです。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!