芸能ニュース

渡部建「テイクアウト不倫」へのネットの反応まとめ!六本木ヒルズ多目的トイレで【文春砲】

6月11日、週刊文春が発売され、アンジャッシュ・渡部建のスキャンダルの全貌が明らかになりました。

あまりの非常識ぶりに、あきれかえりました。

芸能活動の全面自粛も、そりゃそうだ、と納得です。

「多目的トイレ」「テイクアウト不倫」と、極めて不適切ですが、新たな流行語が誕生しました。




渡部建の「テイクアウト不倫」【文春砲】

渡部建は、2017年4月に女優の佐々木希と結婚。

2018年9月には、第1子も誕生しています。

しかし、渡部建は、佐々木希と交際していた当時から複数の相手と関係を持っていて、結婚後も乱れた生活態度は変わらなかった、と言います。

”芸能界のグルメ王”と呼ばれた渡部建ですが、女性への肉食癖も治らず。

六本木ヒルズのトイレやテレビ電話で、複数の女性と不倫していた、とのことです。

渡部建がテレビでみせる落ち着いた芸風、さわやかなルックスからは想像もつかない肉食癖が、赤裸々に明らかになりました。

より詳しい内容は、週刊文春の有料記事が、こちらから購入して読めます。



六本木ヒルズ多目的トイレで何度も密会

渡部建の不倫相手の一人であるB子さんは語ります。

「たしかに私と渡部さんは、多いときには週2回ほど関係を持っていました。結婚後も別れることなく、トータルで30回は超えているかもしれません」

「彼は『地下駐車場に隣接した多目的トイレに来い』と言うのです。エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間に……。その後も彼はヒルズのトイレばかりを指定し、会える時刻を伝えると、地下2~4階にあるトイレを徘徊し、誰もいない階を確認した上で『地下○階ね。すぐ来て』と指示を出してくるようになったのです」

「彼は私のことを“性のはけ口”くらいにしか思っていなかったんでしょうね。せめて一人の女性として扱って欲しかったと思います」

「多目的トイレ」は、車イスの方や親子で一緒で使うためのトイレです。

密会の舞台になった六本木ヒルズには、次の4種類の「多目的トイレ」が用意されています。

①親子多目的トイレ

②車イストイレ

③介助用シート設置トイレ

④オストメイト対応トイレ

(出所:六本木ヒルズ

当然、男女が関係を持つための場所ではありません。

六本木ヒルズを管理する森ビルの方も、迷惑しています。

「本来、多目的トイレは身体障害者の方などの利用を想定して設置されたもので(性的行為は)公序良俗に反する目的外使用に当たります。定期的に警備員が巡回を行っており、そうした行為を見つけた場合には、当然注意をしています」



渡部建「テイクアウト不倫」へのネットの反応まとめ

渡部建は、週刊文春の取材に対して、複数の女性との不倫について事実関係を認めました

「ご指摘の女性と関係をもってしまったことは私の不徳の致すところであり、家族を深く傷つけ、また応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変反省しております。妻にも説明し、謝罪しました。誠に申し訳ありませんでした」

しかし、妻の佐々木希とまだ1歳の子どもを抱える渡部建の乱れっぷりに、ネットでは大炎上しています。

呆れすぎて、ネタの大喜利にもなってますね。



MASAの意見

想像の斜め上のひどさのスキャンダルでしたので、渡部建の早期復帰は難しそうですね。

本当に残念です。

また、これだけ不倫への社会的制裁が厳しくなっているのに、地位を確立した芸能人の不倫がなくならない、というのも、人間の非合理さを物語っていますね・・・

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます!>