芸能ニュース

制作会社社長近藤光が脱税!『鬼滅の刃』劇場版&アニメ(シーズン2)への影響は?

週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』

その『鬼滅の刃』のアニメ制作を行っているのが、社長の近藤光が率いる「ユーフォ―テーブル(ufotable)」(東京・中野区)です。

そのユーフォーテーブル近藤光が脱税で告発された、という驚きのニュースが入ってきました。

この記事では、脱税告発の『鬼滅の刃』劇場版&アニメ(シーズン2)への影響についてまとめます。




ユーフォーテーブル&近藤光が脱税で告発

ユーフォ―テーブルは、近藤光が2000年に創業したアニメ制作会社。

人気ゲームの「Fate」「テイルズオブ」シリーズ「刀剣乱舞」のテレビアニメの制作などで、ヒットを連発してきました。

さらに、アニメのキャラクターに関連したグッズ販売やファンとの交流を行うカフェ(ufotableCafeを、全国に出店しています。

6月3日、東京国税局は、2015年から2018年の間に、会社の所得4億4,600万円を隠し、法人税・消費税あわせて1億4,000万円を脱税した疑いで、ユーフォ―テーブルと近藤光を、東京地検に告発しました。

両者に、ufotableCafeの売上げの一部を隠して、所得を少なく見せかけていました。

近藤光自ら店舗の現金売り上げの一部を管理データから減額するよう経理担当者に指示し、帳簿を改ざん。近藤社長の自宅金庫などには、3億円もの現金が保管されていたと報道されています。

ufotableと近藤光は、既に、修正申告を行い、全額を納税済みです。

しかし、今回の脱税は、単なる会計ミスではなく、意図的に隠ぺいしていて悪質性が高く、また、金額も大きいものです。

このため、今後、近藤光の逮捕に至る可能性も、十分にあると考えられます。



『鬼滅の刃』劇場版&アニメ(シーズン2)の予定

『鬼滅の刃』は、コミックスの累計発行部数が6,000万部を超える大ヒットを記録。

2020年5月に、人気絶頂のまま連載が終了しました。

『鬼滅の刃』の人気に火をつけたテレビアニメは、シーズン1(第1期)が、2019年4月~9月まで放送されました。

2020年4月には、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』が、2020年10月16日から公開されることが発表されました。

アニメのシーズン2(第2期)についても、まだ放送の日程は公表されていませんが、期待が高まっていました。

『鬼滅の刃』劇場版&アニメ(シーズン2)への影響は?

この『鬼滅の刃』のテレビアニメや劇場版の制作を行っているのが、近藤光率いるユーフォ―テーブルです。

今回の告発を受けて、劇場版やアニメ(シーズン2)への影響を心配する声が上がっています。

現在のところ、今回の告発を受けて、劇場版やアニメ(シーズン2)への影響について、正式な発表は行われていません

しかし、もし近藤光の逮捕にまで至ってしまうと、制作の延期や中止に追い込まれるおそれもあるかもしれません。

作品に罪はないので、なんとか、『鬼滅の刃』ファンが、劇場版やアニメ(シーズン2)を楽しめるようになって欲しいですね。

『鬼滅の刃』アニメ(シーズン1)はAmazonプライムで観れる!

劇場版やアニメ(シーズン2)の動向が気になりますが、実は、『鬼滅の刃』のアニメ(シーズン1)は、Amazonプライム会員になれば、【無料】で観れるんです!

Amazonプライムは、登録後最初の30日間は、無料体験期間でいつでもキャンセル可能です。

これを利用すれば、『鬼滅の刃』(シーズン1)を、すべて【無料】で観ることもできるんですね。

Amazonプライムでは、他にも、『ポケットモンスター』『まどかマギカ』など、たくさんの人気アニメが楽しめます。

↓興味があれば、Amazonプライム、是非チェックしてみてください↓

【公式】Amazonプライム会員

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます!>