政治・経済ニュース

山本太郎(れいわ新選組)の都知事選での公約は?出馬へのネットの賛否両論まとめ!

6月15日、れいわ新選組代表の山本太郎(45歳)が、東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への出馬を表明しました。

れいわ新選組の公認候補として立候補します。

この記事では、山本太郎の都知事選での公約や、出馬へのネットの賛否両論についてまとめます!




山本太郎(れいわ新選組)の都知事選での公約

山本太郎は、東京都知事選に向けて、2021年夏に延期された東京五輪・パラリンピックの中止をはじめとして、「8つの政策」を掲げています。

①東京五輪・パラリンピックの中止

②全都民へ10万円配布など大規模経済対策

③コロナ失業者に職を

④低家賃の住宅確保

⑤コロナ検査体制拡充

⑥都での防災庁設立

⑦障がい者政策

⑧保育所増設、職員の待遇改善

すべての都民への10万円の支給など、「弱者にやさしい」政策を訴えています。

山本太郎のブログでも、都知事選の出馬に向けた想いを語っています。

なぜ山本太郎が東京都知事選立候補なのか。

私の政治におけるキャリア、
その始まりから現在まで、
判断の理由は一貫している。

苦しむ人々を何とかしたい、それだけだ。

都知事選挙にでることも、
自分のキャリアの中で総理大臣を目指すことも、
私自身の中では何も矛盾はない。

一刻も早く、多くの人々に手を差し伸べなければならない時に、
それを実行できる大きな力が手に入るチャンスが、
目の前の都知事選だからだ。

今、苦しんでいる人、
先は絶望しかないないと追い込まれている人。
あなたが人生を諦める必要のない東京を、日本を、
私と一緒に作って欲しい。

ここから東京を、
日本を面白くしていこう。

あなたがいなきゃ始まらない。

山本太郎



山本太郎の都知事選出馬へのネットの賛否両論まとめ!

ネットでは、山本太郎を応援する声も、多くあります。

しかし、それ以上に、立憲民主党・共産党・社民党が支援する宇都宮健児(73歳)との間で、野党支持者の票が割れて、現職の小池百合子をより優位にしてしまうことを懸念して、山本太郎の出馬を批判する声も目立ちます。

また、パフォーマンス優先の候補者ばかりが増えていく、という冷めた声も聞かれます。

山本太郎を応援する声

野党分裂を懸念して山本太郎の出馬を批判する声

都知事選に対する冷めた声



MASAの意見

いよいよ、東京都知事選、盛り上がってきましたね。

山本太郎には、パフォーマンスばかり、という批判もありますが、演説の熱さには、定評があります。

今回も、あえて宇都宮健児と野党票を割っての出馬ですから、強い想いがあるのではないでしょうか。

東京都知事選の論争が盛り上がって、より都民のためになる都政になっていって欲しいですね。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます!>