政治・経済ニュース

立道浩・高谷真介・脇雄吾の経歴&写真!逮捕で河井案里・克行も連座で失職か?

立道浩・高谷真介・脇雄吾の経歴

広島地検が、3月3日に、公職選挙法違反の容疑で、次の3名を逮捕しました。




  • 立道浩・容疑者
  • 高谷真介・容疑者
  • 脇雄吾・容疑者

河井案里・参議院議員が、昨年7月の参議院選挙で初当選した際に、車上運動員(ウグイス嬢)に対して、法律が定める上限の1万5千円の2倍の3万円の報酬を支払っていたことが(地元では『河井ルール』と言われていたようです)、「買収」にあたる、という疑いです。

この選挙では、案里氏の夫である河井克行・衆議院議員(前法務大臣)が、積極的に陣頭指揮をとっていたとされ、夫妻への影響が注目されます。

以下、逮捕された3人の容疑者の経歴&写真です(写真は共同通信社)。

立道浩の経歴&写真

立道浩(54歳)は、現在、河井案里(妻)の公設秘書を務めています。

広島市安佐南区に住んでおり、逮捕時にも、同区にある自宅から2時間かけて歩き、広島地検に出頭しました。

報道でも冒頭に名前が出ているとおり、元々検察は、立道容疑者を「実行犯」とみて捜査を進めていました。

立道氏は、2012年頃から、まずは運転手として、河井克行事務所に入ります。これは、前職が運送会社だったことによるものです。

克行氏は、後部座席から運転席を蹴るなど運転手へのパワハラもひどいため、運転手はすぐに辞めることが多い一方、立道氏は長く続いて、2017年には克行氏の公設秘書になっています。

さらに、2016年・2017年の克行事務所の収支報告書では、会計責任者も務めています。

ウマがあったのでしょうか。運転手から公設秘書への出世というのは珍しいと思います。

もっとも、立道氏は、2018年末に、突然公設秘書から外されたことが原因で、克行氏の秘書を辞めます。

2019年4月の統一地方選では、克行氏の元秘書の選挙対策本部に入ったものの、落選。

2019年6月の参議院選挙から、河井案里の選挙対策本部に入り、当選後、案里氏の公設秘書になっています。

夫の衆議院議員と仲たがいして事務所を辞めた後に、妻の参議院議員の秘書になる、というのも不思議な経緯ですね。




高谷真介の経歴&写真

高谷真介(43歳)は、現在、河井克行(夫)の政策秘書を務めています。

高谷容疑者は、元々、民主党議員の秘書を務めていましたが、その後、河井克行氏の秘書に転身。

克行氏からの信頼が厚く、カネ回りも含めて、事務所内のことを全て把握する優秀な秘書だったようです。

脇雄吾の経歴&写真

脇雄吾(71歳)は、河井案里の選挙対策本部で、事務局長を務めていました。




3人の逮捕で河井案里・克行も連座で失職か?

3人の逮捕で河井案里・克行への影響は?

3人の逮捕を受けて、河井案里・克行は、3月3日、それぞれ次の談話を発表しています。

「捜査中であり、事実関係に関するコメントは現時点では差し控える」

もっとも、案里氏の公設秘書・選挙スタッフである立道浩・脇雄吾、そして、克行氏の政策秘書である高谷真介が逮捕されており、これは、河井夫妻の事務所ぐるみで違法行為が行われていることを示唆しているのではないでしょうか。

このまま、河井案里・克行夫妻が説明責任を果たさずに逃げ切ってしまうのでは、正に秘書に責任を押し付ける「とかげのしっぽ切り」で終わってしまいます。

広島地検も、ここまで捜査を広げた以上、ここで終わらせる積りはないと思われます。

連座で河井案里・克行も失職か?

3人のいずれかが公選法で規定する「連座制」の対象と判断されれば、案里氏が失職する可能性があります。

「連座制」

公職選挙法では、選挙の公正さを保つため、運動員の買収行為を罰していて、もし秘書が有罪となれば、案里氏が「連座制」の下で、失職する可能性がある。

「連座制」は、選挙運動を取り仕切る「総括主宰者」や、収支を管理する「出納責任者」などについて罰金以上、または選挙運動で候補者らと「意思を通じた」親族や秘書らが禁錮以上の刑が確定した場合に適用となる。

「連座制」が適用となる場合、一定の手続きを経た後、候補者が買収行為に関与していなくても当選は無効とされ、その選挙区からの立候補が5年間禁止されることになる。

「連座制」が適用されるかに当たっては、逮捕された秘書などが、選挙運動を取り仕切る「総括主催者」に該当するか(選挙対策本部で、実際にどのような立場にあったのか)、また、選挙運動に関して河井案里・克行氏とやり取りがあったか、などが重要なポイントとなります。

過去には、同様にウグイス嬢への違法支払いで、元秘書が有罪判決を受けたことにより、候補者にも「連座制」が適用された例もあります。

河井夫妻には、まずは政治家としてしっかり説明責任を果たしてもらう必要があります。

そのうえで、「連座制」の適用をはじめ、捜査・裁判の進捗が注目されます。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!




<関連記事>

河井案里に「連座制」による失職迫る!検察の強気の捜査が続く!

河井克行・案里の選挙指示LINE流出!再度の任意聴取で夫妻の逮捕間近か!?

森雅子(森まさこ)法相の経歴は美人弁護士!黒川弘務の定年延長問題で連日炎上!

河井案里・克行の秘書逮捕や捜査の広がりと、黒川弘務の定年延長との関係は?

黒川弘務の経歴は?官邸ゴリ押しの「定年延長」で話題に!

立道浩・高谷真介・脇雄吾の経歴&写真!逮捕で河井案里・克行も連座で失職か?

河井案里の経歴まとめ!「河井ルール」で秘書の立件・強制捜査に連座して失職か?

河井克行の経歴まとめ!河井案里の秘書の立件・強制捜査で辞職か?

渡辺典子の経歴は元モデルでセレブ!河井案里への実名告発で話題に

河井案里(あんり)議員への選挙資金1億5,000万円に与党自民党からも驚きの声が!

【文春砲】「河井ルール」の原資は「安倍マネー」選挙資金1億5千万円の入金か

「河井ルール」の証拠がLINEで流出!河井克行・案里夫妻の公職選挙法違反の疑惑を解説