政治・経済ニュース

楽天がコロナPCR検査キットを販売開始!どこで、誰が買える?信頼性は大丈夫?SNS上の評判は?

楽天がコロナPCR検査キットを販売開始!

4月20日、楽天が、新型コロナウイルスのPCR検査キットの販売を開始しました。

楽天によれば、遺伝子検査などを行っている出資先の企業「ジェネシスヘルスケア」が、医療法人社団創世会の協力を受けて、国立感染症研究所のPCR検査法を厳守した解析手法による「新型コロナウィルスPCR検査キット」を開発。

特定症状はないものの、新型コロナウイルスへの感染に不安を感じている人が、リスクの判定報告を受けることが可能になる、とのことです。

この記事では、この楽天のコロナPCR検査キットについて、わかりやすく解説します!




楽天のコロナPCR検査キット:どこで、誰が買える?

この楽天のコロナPCR検査キットのサービスは、法人・企業向けです。

法人・企業が、専用の申込フォームから申込みを行い、申込みが完了した法人・企業に所属する20歳以上の方が対象者となります。

対象エリアは、当初、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県の5都県となります。

5月以降、医療体制への影響などを踏まえ提供地域の拡大を予定しています。

現在のところ、個人が、直接、楽天市場で、このコロナPCR検査キット購入することはできません。

このコロナPCR検査キットの価格は、1キット当たり14,900円(税込)です。

100キットからの申込みとなり、100キット未満の受付は不可とされています(購入数に応じた特別価格あり)。

検査の方法は、次の5ステップです。

検査試料の採取は、本人が、採取棒(綿棒)により鼻咽頭から採取する方式となります。

利用者は、検査キットの綿棒を使って自分で鼻の奥の粘膜や分泌物を採取し、容器に密封したうえで、専用の回収ボックスに入れます。

その後、3日以内に、新型コロナウイルスに特徴的な遺伝子が含まれているかどうか、検査結果が出て、確認できることになります。




楽天のコロナPCR検査キット:信頼性は大丈夫?

楽天は、新型コロナウイルスへの感染の有無を確認する医療的な診断ではなく、感染しているかどうか確かめる用途で使われるものではない、としています。

感染しているかの判断には、最終的には医師の判断が必要になります。

また、既に新型コロナへの感染が疑われる症状が出ている場合には、この検査は使用できないとして、保健所への相談を勧めています。

あくまでも、法人・企業が社員を自宅待機させるかどうか判断する際などに参考にする用途にとどまる、との説明です。

このように、信頼性は相当割り引いて評価する必要があるでしょう。

あえてこの検査を行う意味があるのか、という疑問も出てきます。

楽天のコロナPCR検査キット:SNS上の評判は?

新型コロナウイルスのPCR検査については、医師が行う正式なものですら、偽陽性(本当はコロナじゃないのに、コロナに感染している、という検査結果になる)や偽陰性(本当はコロナなのに、コロナに感染していない、という検査結果になる)という問題があります。

ましてや、個人が簡易に行う検査の正確性は、相当注意してみていく必要があるでしょう。




このため、感染症対策の専門家からは、楽天のコロナPCR検査キットについて、「使用者自らが鼻の奥から粘膜などの検体を採取するときに、十分な量が採取できなかったり、検体を運ぶときにもミスが起きたりする可能性もある」との懸念が示されています。

かえって多くの人を混乱させ、医療現場に過度な負担をかけてしまう恐れもあります。

実際、SNSでは、批判的な意見が多くみられています。

「症状がないものの不安を感じている社員に使うことなどを想定」「検査を受ける人が自分で検体を採取」「最終的には医師の診断が必要」

無症状かつこんな精度落ちるやり方で病院の外来を圧迫されても困りますのでお断り案件です

善意でやってるつもりなら、「善意なら必ず良い結果になる」という勘違いと「善意だから間違っても許されるはず」という甘えが前提の「覚悟なき善意」だな。

何がヤバいかって「素人が精度の低い検査キットを使って不安がったり安心したり」という、ウィルス拡散のために一役買ってる感がある。

楽天の簡易キットの話の何が最悪かって

・出社する事に価値があると思っている経営者が飛びつく ・陽性以外は出社を強要する ・偽陰性の感染者が出社してスーパースプレッダーになる

・偽陽性だけど陽性と表示されているので救急に食い下がり時間を浪費させる人が生まれる

という問題が出来るから

この楽天の取組みが吉と出るか凶とでるか、注目が集まります。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<追記(4月22日)>

楽天の注文サイトでは、次のとおり表示されており、申込みが殺到しているようです。

現在、大変多くのお申込みをいただいており、順次ご対応をさせていただいております。

ご回答にお時間がかかる場合がございますが、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

もっとも、感染症専門医の忽那賢志・医師が、次のとおり、「個人でのPCR検査キットの使用は控えましょう」と呼び掛けています。

友人の医師からも、ほぼ同様の意見を聞くことが多いです。

注文に走る前に、まずはこうした専門家の意見をご確認いただくことをお勧めします。

まとめますと、楽天が販売を開始したPCR検査キットは、

・陰性であっても新型コロナではないとは言えない

・陰性という結果に安心して外出した人が周囲に広げる可能性がある

・陽性であっても新型コロナとは言えない

・医療機関の負担を増やす可能性がある

ということで、一般の方が個人で使用することは推奨されません。

ご自身が自治体でのPCR検査の対象にならず不安になっていらっしゃるかもしれませんが、今どの地域もPCR検査のキャパシティを増やそうと努力をしています。

このような正体不明の検査キットを使って自己判断することはお控えください。