政治・経済ニュース

小野泰輔・熊本県副知事の経歴や政策は?東京都知事選に出馬表明で話題に!

東京都知事戦(6月18日告示、7月5日開票)に新たな動きが出ました!

現在、熊本県副知事小野泰輔(おの・たいすけ)が出馬表明です。

この記事では、小野泰輔の経歴や政策についてまとめます。

小野泰輔(おのたいすけ)熊本県副知事の経歴は?

小野泰輔のプロフィール

小野泰輔は、1974年生まれの46歳

東京都目黒区の出身です。

幼少期には、兵庫県明石市などで過ごした経験があります。

好きなものとして、「お酒、スポーツ、沖縄の三線演奏、ドライブ」を挙げています。



小野泰輔の学歴

高校は、1993年に、私立海城高校を卒業。

大学は、1999年に、東京大学法学部を卒業。

熊本県知事の蒲島郁夫が、東京大学法学部の教授(政治学)を務めていたときの、ゼミの教え子でした。

小野泰輔の職歴

大学卒業後の1999年に、外資系コンサル会社であるアンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。

2000年には、衆議院議員秘書を務めます。

政治学のゼミ出身であり、元々政治の世界に興味があったようです。

2002年以降は、明豊ファシリティーワークス(建築関係のコンサルティング会社<東証1部上場>)に勤務。

2008年3月に熊本知事に初当選した蒲島郁夫の要請を受けて、同年4月に、熊本県の政策調整参与に就任。

2012年6月に、まだ38歳の若さで、全国最年少の副知事に起用されました。

小野泰輔は、現在2期目を務めており、6月20日に任期満了を迎えますが、蒲島郁夫は続投させるとみられていました。



小野泰輔の東京都知事選に向けた政策は?

小野泰輔は、6月2日15時~、熊本市内で記者会見を開きました。

6月8日の熊本県議会の定例会の初日に退任し、その後に上京して東京都知事選に臨む、ということです。

ツイッターでも、本人が意気込みを示しています。

小野泰輔は、記者会見で、次のように都知事選に向けた抱負を述べました。

より具体的な政策については、今後調整・公表されるとのことです。

政党が候補者を立てず、現職(小池百合子都知事)が無風状態で選挙を迎えようとしている。

東京と地方の両方の目を持つ自分が出馬して、論戦を深めたい。

東京の将来をどうするのか、新型コロナをどう乗り越えるのか、一石を投じる必要があると判断した。

政党の公認や推薦は求めない。従来型の選挙ではなく、SNSでの発信を大事にする。

副知事の経験に基づいて、東京と地方の連携を図る。



MASAの意見

小池百合子のほか、堀江貴文(ホリエモン)立花孝志と、かなり目立つキャラが揃っていました。

その中で、小野泰輔の出馬には、意外感があります。

残念ながら、SNSでの情報発信力では、ホリエモンの圧勝でしょう。

小野泰輔は、知名度では劣りますが、8年間熊本県で副知事を務めた実務力を生かして、地に足のついた政策をアピールして欲しいですね。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<追記(6月9日)>

6月9日、小野泰輔が、東京都知事選への出馬について、「日本維新の会」の推薦を受けることを発表しました。

<東京都知事選については、次の記事もおススメです!>