政治・経済ニュース

「新しい生活様式」は何をいつまで?出口のない細かすぎる指示に不満・批判が殺到!

5月4日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が、当初予定の5月6日から5月31日まで延長されました。

延長後も、「特定警戒都道府県」(北海道、茨城、東京、神奈川、埼玉、千葉、石川、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の13都道府県)では、人と人との接触機会の8割減少に向けて、外出や店舗休業の自粛要請が続きます。

これに対して、「特定警戒都道府県」以外の県については、地域の実情に応じて、自粛要請が一部緩和される予定です。

しかし、専門家会議は、自粛要請が緩和された後も、「新しい生活様式」を実践する必要がある、という意見を示しています。




「新しい生活様式」って何?

いつまでも外出や店舗休業の自粛要請が続くと、倒産が続出して、経済的に立ち行かなくなってしまいます。

一方で、一気に元の生活に戻ってしまうと、新型コロナウイルスの感染拡大が再燃して、これまでの自粛の努力が水の泡になってしまうおそれがあります。

このため、感染防止と経済活動のバランスをとるために、「新しい生活様式」を実践する必要があるわけです。

5月4日、専門家会議は、「新しい生活様式」の実践例を示しています。

めちゃめちゃ多くて、細かいです・・・

(1)一人ひとりの基本的感染対策

■日々の暮らしの感染対策
・外出は、マスクを着用する。遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ。
・人との間隔は、できるだけ2m (最低1m)空ける。
・会話をする際は、可能な限り対面を避ける。
・家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる。
・手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒業の使用も可)。

※高齢者や特病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。

■移動に関する感染対策
・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。
・帰省や旅行はひかえめに。出張はやむを得ない場合に。
・発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモしたり、スマホの移動履歴をオンにする。
・地域の感染状況に注意する。

(2)日常生活を営む上での基本的生活様式

・まめに手洗い・手指消毒
・咳エチケットの徹底
・こまめに換気
・身体的距離の確保
・「3密」の回避(密集、密接、密閉)
・毎朝家族で体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養
・屋内や会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用

(3)日常生活の各場面別の生活様式

■買い物
・通販も利用
・1人または少人数ですいた時間に
・電子決済の利用
・計画をたてて素早く済ます
・サンプルなど展示品への接触は控えめに
・レジに並ぶときは、前後にスペース

■娯楽、スポーツ等
・公園はすいた時問、場所を選ぶ
・筋トレやヨガは自宅で動画を活用
・ジョギングは少人数で
・すれ違うときは距離をとるマナー
・予約制を利用してゆったりと
・狭い部屋での長居は無用
・歌や応援は、十分な距離かオンライン

■公共交通機関の利用
・会話は控えめに
・混んでいる時間帯は避けて
・徒歩や自転車利用も併用する

■食事
・持ち帰りや出前、デリバリーも
・屋外空間で気持ちよく
・大皿は避けて、料理は個々に
・対面ではなく横並びで座ろう
・料理に集中、おしゃべりは控えめに
・お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて

■冠婚葬祭などの親族行事
・多人数での会食は避けて
・発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

(4)働き方の新しいスタイル

・テレワークやローテーション勤務
・時差通動でゆったりと
・オフィスはひろびろと
・会議はオンライン
・名刺交換はオンライン
・対面での打合せは換気とマスク

※業種ごとの感染拡大予防ガイドラインは、関係団体が別途作成予定

「新しい生活様式」はいつまで?

では、この「新しい生活様式」は、いつまで続ける必要があるのでしょうか?

専門家会議では、長丁場の対応を覚悟する必要がある、としていますが、残念ながら、具体的な期限は示していません・・・

専門家の話では、早期診断から重症化予防までの治療法を確立し、ワクチンの開発ができたら、従来の生活に徐々に戻っていける、ということです。

ワクチンの開発には、年単位の時間が必要と言われていますので、どんなに早くても年内、普通に考えれば数年間は「新しい生活様式」続ける必要がある、と予想されます。




出口のない細かすぎる指示に不満・批判が殺到!

このように、「新しい生活様式」の実践例はとても細かく、一方で、いつまで続ければいいのか、という期限は示されていません。

これを受けて、SNSでは、出口のない細か過ぎる指示に対して、不満・批判が殺到しています。

MASAの意見

専門家としては、感染症をできるだけ抑制することが目的ですから、慎重な「新しい行動様式」を出してくること自体は理解できます。

でも、「新しい行動様式」にちゃんと従おうとすると、スポーツ観戦もライブも結婚式も飲み会も、これまでの楽しみは、何にもできないですよね。

また、国から、生活について、ここまで細かい口出しをされないといけないのか、というイヤな気持ちにもなります。

他人の行動を監視・批判する「自粛警察」の活動ももっとひどくなって、日々の息苦しさが増しそうです。

我々国民としては、早く元の生活に戻るためにがんばって自粛しているわけなので、その先に待っているのが、出口のない細か過ぎる「新しい行動様式」の世界だと思うと、やり切れない気持ちになってしまいますね・・・

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます!>