政治・経済ニュース

マスクの売り切れはいつまで続く?今後も使い捨てマスクの品薄は続き、アベノマスク(布マスク)頼みの見通し!

マスクの売り切れはいつまで続く?

4月に入っても、ドラッグストア等でマスクの売り切れが続いてます。

使い捨ての「不織布マスク」。ちなみに、読み方は「ふしょくふ」です。

朝の開店前に、店の前に大行列ができる様子も、日常風景になってしまいました。

ちなみに、私は、3月以降、1回も店頭にマスクがあるのを見たことがありません・・・

なぜこんな状況になってしまっているのか。

現在の、マスクの需要・供給の状況をみてみましょう。




マスクの供給

元々、日本国内で流通しているマスクは、8割近くの生産を中国に依存していました。

それが、今回のコロナショックで、中国からの輸入が大幅に減少してしまいました。

そこで、政府(経産省)は、2月中旬以降、国内でマスクの増産のための設備投資を行う企業に対して、補助金(正式名称は「令和元年度マスク生産設備導入支援事業費補助金」。長!)を交付するなど、マスクの確保に向けた取組みを行ってきています。

例えば、まったくの異業種からのマスク生産への参入で注目を浴びたシャープ。

シャープでは、3月24日から、シャープ三重(多気)工場でマスクの生産を開始。

3月31日に、初めての納品を行っています。

生産量は、まずは約15万枚/日で、今後も生産設備を追加して50万枚/日への増産を目指す方針です。




また、アイリスオーヤマでは、これまで、大連工場(中国・遼寧省)と蘇州工場(中国・江蘇省)でマスクを生産し、日本に8,000万枚/月を輸入していました。

これに加えて、3月31日、日本政府からの要請に応えて、宮城県角田工場の一部を改修し、マスクを生産することを発表しています。

新工場は6月に稼働し、これにより、国内で6,000万枚/月(30日稼働の場合)のマスクを新たに生産することで、輸入分と合わせて1億4,000万枚/月を供給できる体制となる予定です。

こうした努力の結果、3月のマスクの供給は、6億枚を超える規模となりました。

さらに、4月には、7億枚を超える供給が行われる予定です。




マスクの需要

常の年であれば、国内のマスク需要のピークは、花粉症がつらい3月の約5億枚と言われています。

既に、これを1~2億枚上回る供給が行われているわけです。

また、一時期社会問題になった転売ヤーによるマスクの高額転売も、法令の改正により禁止されました。

しかし、それでも、新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクに対する需要が急激に拡大したため、(増えた)供給よりも需要の方が圧倒的に多くなってしまっているわけです。

また、政府からは、最もマスク(医療用の使い捨てマスク)が必要であり、かつ、衛生面で布マスクは使えないのは、医療機関です。

このため、政府では、増産した分を買い上げたマスク等(3月までに1,500万枚、4月中に追加で1,500万枚を確保)については、優先的に医療機関に対して配布しています。

また、自衛隊も、備蓄していた155万枚のうち、災害派遣の初動に必要な55万以外の100万枚を、医療機関などに拠出しています。

新型コロナウイルスの感染拡大への対応で、医療機関はこれからますますたいへんになりますので、今後とも、マスクの優先的な配布が必要不可欠です。




今後も使い捨てマスクの品薄は続き、アベノマスク(布マスク)頼みの見通し!

こうした状況の下で、ドラッグストア等の店頭でマスクを普通に買えるようになるのは、かなり先になる、との予想にならざるを得ません。

政府でも、医療機関以外の先、すなわち、介護施設、高齢者施設、さらに全国の小中学校に対しては、使い捨てマスクではなく、布製のマスクを配布する方針です。

つまり、そこまで使い捨てマスクを配る余裕がないわけです。

一方で、布製のマスクについては、4月中に、政府が1億枚を超える布マスクを確保できる見落としが立ちました。

このため、4月1日には、これを利用して「全世帯(約5,000万世帯)に、2枚ずつ布マスクを配る」、いわゆる「アベノマスク」が登場したわけです。

こうした布マスクの配布は、洗剤を使って洗って再利用してもらうことで、使い捨てマスクに対する需要を抑制する目的があります。

頭の整理としては筋が通っていたのですが、政府のコミュニケ―ションの拙さもあり、国民の反感を買って、「アベノマスク」は大炎上してしまいましたね。

残念な結論ですが、使い捨てマスクを使い切ってしまった人には、布マスク頼みの生活が続きます。

「アベノマスク」でもらえるのも貴重な布マスク。感謝して、大事に使いましょう(涙)

↓は、厚労省・経産省による「布製マスクの洗い方の動画」です。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!




<この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!>




<ロックダウンに備えて、「インドア生活」のおともに是非!>