政治・経済ニュース

ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言はいつから?【4月6日】からの実施と予想!

ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言はいつから?

3月28日夜の記者会見で、安倍晋三・首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、過去最大規模の緊急経済対策を策定すること等を表明しました。

また、緊急事態宣言については、「今の段階においてはないが、瀬戸際の状況」と強調し、国民に対して「密閉空間、密集場所、密接場面」の「3密」条件が重なる場所を避けるよう呼びかけました。

事前には、この首相記者会見で、「4月1日からのロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言の実施が宣言されるのではないか?」との憶測も広がりましたが、これはガセネタでした。

では、ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言はいつ実施されるのでしょうか?




ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言は【4月6日】からの実施と予想!

ロックダウン・東京封鎖と緊急事態宣言はセット

このブログでは、ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言は、【4月3日】(金)に発表され、【4月6日】(月)から実施される、と予想します!

前提として、国が、首都圏の1都3県(千葉県、神奈川県、埼玉県)を対象として「緊急事態宣言」を出し、これを受けて、東京都(小池百合子・東京都知事)が、「ロックダウン」(“lockdown”)・「東京封鎖」を宣言すると考えています。

このように、両者は、セットで実施されると予想します。

緊急事態宣言が出されると、都道府県知事による外出の自粛要請等の措置に、法的な根拠が与えられます。

日本の法律では、フランス等の外国のように、強制的に罰則により人々の外出等を禁止することはできません。

あくまでも、要請・指示を行い、その中で協力を得る必要がありますが、現在のような事実上の対応ではなく、法的な要請となる意味は大きいでしょう。

特に日本では、罰則はなくても「法律だから守らなくちゃ」という意識が強く、また同調圧力による監視機能も強く働くと予想されます。




【4月6日】実施を予想する根拠①:東京の新規感染者数

東京における新型コロナウイルスの新規感染者数は増え続け、3月28日には、63名と過去最高を大きく更新しています。

こうした下で、小池百合子は、3月25日の記者会見で、新型コロナウイルスの「感染爆発(オーバーシュート)を防げるかどうかの重大局面」として、不要不急の外出を自粛するよう都民に強く要請したのに続いて、3月27日にも、同様の要請メッセージを出しています。

週末向け新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ(3月27日)

東京都知事の小池百合子です。

新型コロナウイルス感染症は、今が、爆発的増加になるかどうかの重大な局面です。

みなさん、週末は外出を避け、家で過ごしましょう。

また、食料品の供給などは滞りなく行われています。必要以上の買い物は控えましょう。

繰り返しお願いします、みなさん、週末は外出を避け、家で過ごしましょう。

ひとりひとりの行動がみんなの命を救います。

難局を一緒に乗り越えていきましょう。

潜伏期間や検査のタイミング等を考えると、実際の感染が新規感染者の数に反映されるまでには、2週間程度のタイムラグがあると言われています。

このため、既に東京都では、「瀬戸際の状況」を突破して、潜在的に「感染爆発(オーバーシュート)」が発生している可能性は十分にあります。

もしそうであれば、4月初の新規感染者の数字は大きく増加するでしょう。

ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言を実施する前提条件が整うことになります。




【4月6日】実施を予想する根拠②:株式市場の年度末越え

2月25日の小池百合子の会見を受けた翌26日の株式市場では、経済活動の停滞を嫌気して、株価が大きく下落しました。

多くの日本企業では、3月末が年度末です。

3月末=年度末の株価は、減損処理の基準になったりと、非常に重要です。

実際に緊急事態宣言が出されれば、株式市場がネガティブに反応し、株価が大きく下落するリスクが高いです。

このため、政府は、3月中の発表は避けるでしょう。

3月末を越えた後の、4月第1週の金曜日である4月3日(金)に発表し、土日を挟んで翌週月曜の4月6日(月)から実施するのが、最も株式市場への悪影響が小さいと考えられます。




【4月6日】実施を予想する根拠③:ゴールデンウィーク

海外の例を見ると、ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言の実施期間は、当初3週間程度と想定されます。

4月6日から実施すれば、ゴールデンウィークの前に3週間の期間を確保することができます。

ゴールデンウィークは、行楽・旅行等が一番盛り上がるシーズンです。

政府としては、なんとか感染拡大を抑え込んだうえで、ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言を解除してゴールデンウィークを迎えたい、と考えると思われます。

実際には、3週間では終わらずに、その後延長される可能性は高いでしょうが・・・

 

以上が、このブログの予想です。いかがだったでしょうか。

もちろん、予想が外れて、ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言が実施されずに、新型コロナウイルスの感染拡大が収まっていくことが、一番望ましいです。

しかし、現実的に考えると、厳しい状況になっていることはたしかです。

自分達でできる予防策をしっかりとって、備えをしっかりしていきましょう。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<追記>

1日遅れるだけですが、現在は、【4月7日】(火)に緊急事態宣言と東京ロックダウンが実施される、と予想しています。

詳しくは、是非、次の記事もセットでご覧ください!

<この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!>

【緊急事態宣言・ロックダウンのわかりやすい記事まとめ】4月6日、安倍晋三「緊急事態宣言に向けた準備に入ることを表明」へ!

佐々木紀の経歴まとめ!「感染拡大を国のせいにしないで」ツイートで大炎上!

緊急事態宣言・東京ロックダウンはいつから?【4月7日】説が急浮上するこれだけの理由!【最新解説】

緊急事態宣言が出た場合の東京ロックダウンを小池百合子都知事が語る!その実態は!?

マスクの売り切れはいつまで続く?今後も使い捨てマスクの品薄は続き、アベノマスク(布マスク)頼みの見通し!

緊急事態宣言を早く!在日米国大使館が、日本の医療崩壊を予想してアメリカ人に帰国を呼び掛け!

緊急事態宣言を早く!三木谷浩史と孫正義が「超危機的状況」とツイッターで発信を強める!

緊急事態宣言はいつ?なぜ政府は宣言を出さない?【早く宣言を出すべき理由をわかりやすく解説!】

アベノマスク(布マスク2枚)は、なぜエイプリルフールのフェイクニュース扱いされたのか!?

緊急事態宣言で生活・仕事・学校はどうなる?影響をわかりやすく説明!【2020年4月最新解説】

LINE&厚生労働省「新型コロナ対策のための全国調査」は本物!(偽物・詐欺ではありません)

緊急事態宣言・ロックダウンはいつ行われる?専門家と政府の意見がズレる理由を解説!

感染症法33条をわかりやすく解説!ロックダウン・都市封鎖ができる法律は、改正新型インフル特措法だけじゃない!?

緊急事態宣言の手続をわかりやすく解説!新型コロナ対応で「新型インフルエンザ対策特別措置法」を改正!

ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言の公共交通機関(電車、バス等)への影響:一斉運休はない!

ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言はいつから?【4月6日】からの実施と予想!

ロックダウン・東京封鎖とは何か?政府の緊急事態宣言との関係は?【最新解説】




「コロナファイターズ」は黒岩祐治・神奈川県知事の命名!ステッカーも作成するがSNSの反応は微妙・・・

K-1東京・後楽園ホール「Krush.112」は無観客大会に!小池百合子・東京都知事の要請に応じる!

橋下徹・細野豪志・青木真也のK-1強行開催を巡る発言が正論!空気や同調圧力に頼らない正面からの議論が重要!

宝塚歌劇団が公演再開!コロナ感染拡大が続く中での自粛解除に賛否両論が噴出!

K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~をコロナでも決行。主催者M-1スポーツメディア、中村拓己プロデューサー!

<ロックダウンに備えて、「インドア生活」のおともに是非!>