政治・経済ニュース

黒川弘務の「接待賭けマージャン」に批判殺到!文春砲へのネットの反応まとめ

検察官の定年延長問題で国民の批判を一身に浴びている東京高検検事長の黒川弘務(63歳)

そんな黒川弘務に、文春砲が直撃しました。

なんと、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言で外出自粛要請が出ている下で、懇意の新聞記者と「接待賭けマージャン」に興じて、ハイヤーまで出させていた、というのです。

この記事では、文春砲のポイントとネット上の反応についてまとめます。




黒川弘務(東京高検検事長)の「接待賭けマージャン」

まず、文春砲のポイントについて、みてみましょう。

黒川弘務が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが判明した。

賭けマージャンが行われたのは、5月1日

首相の安倍晋三が「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言が出ている真っ最中。東京都知事の小池百合子も「ステイホーム週間」として、不要不急の外出自粛を要請していた。

夜7時半頃に、産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、午前2時近くまでマージャンは続いた。

マージャンを終えた黒川弘務は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した。

5月13日にも同様に、黒川弘務はA記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていた。

黒川弘務は、昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていた。その際には、各社がハイヤーを用意するのが通例だった。

黒川弘務は何を聞いても口を開かず、東京高検は質問状すら受理しなかった。

マージャンは、4人で近距離で卓を囲むため、安倍首相が避けるよう繰り返し話している「3密」にがっつり該当します。

実際、東京都では、雀荘を休業要請の対象にしています。

また、賭けマージャンは、賭博罪(刑法犯)に当たります。これは、少額でも変わりません。

国家公務員の倫理規程上も、新聞記者にハイヤーを出させることは、接待や財産上の利益供与に当たるおそれがあります。

このほか、国家公務員の倫理規程上の法令順守違反信用維持義務違反にも当たり得るでしょう。

文春砲が直撃!ネット上でも批判殺到(反応まとめ)

この黒川弘務の「接待賭けマージャン」には、与党の公明党も含めて、政治家から直ちに辞職すべき、との声が上がっています。

当然ながら、ネット上でも批判が殺到しています。

文春砲炸裂!凄い破壊力だわ

懲戒免職で終了。

これが事実なら逮捕だね。蛭子能収を逮捕したんだから、同じように逮捕しなきゃだめだろ。さて、今度はどうやって言い逃れるのかな?

黒川の行為は言語道断なんと賭け麻雀してたとか!これ刑法違反でもし事実なら懲戒免職の事案である!真相究明するため地検特捜部に動いてもらいたい〜〜

安倍ぽち安倍ぽちであんまり権勢をふるうから、人の恨みをかって刺されるのでは。

一緒に卓を囲んでいたマスコミの記者にも、あり得ないという声が上がっています。

黒川さんはもう終わり。
問題は産経と朝日の記者が絡んでいるということ。
賭け麻雀はこの時期にやることではないし、平時であっても大問題。
我が国の政治・行政・検察、ここまで腐っているとは。
そのチェック機能たるマスコミまでもが。

5月13日にもか!複数って産経、朝日に他は?接待だけに帰りのタクシー代は記者が持つ。これ、マスコミも相当問題。

文春すごいわ。
産経も朝日も同じ穴の狢だったか。
黒川の検事総長はないな。




MASAの意見

世の中の秩序を守るべき検察官として、今回の黒川弘務の「接待賭けマージャン」は、まったくあり得ない行動です。

特に、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出ている下で、自身の定年延長がこれだけ国民の批判を招いているにもかかわらず、脇が甘すぎるとか言えません

検察トップである検事総長に就くことは論外として、直ちに懲戒処分にすべきですね。

こんな黒川弘務の経歴処分については、次の記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

【追記①】賭け麻雀に参加していた記者の経歴

黒川弘務と賭け麻雀をしていた記者の経歴が判明しました。

  • 【O記者】産経新聞社会部の記者。元検察担当で、現在は裁判担当。黒川弘務と近い関係で、賭け麻雀が行われたマンションの一室を提供。
  • 【K記者】別の産経社会部の記者。2020年はじめまで司法クラブのキャップ。黒川弘務にもっとも食い込んでいる記者として有名。
  • 【O氏】朝日新聞の元検察担当記者。その後特別報道部のデスクも務め、現在は記者職を離れて経営企画室勤務。

権力をチェックすべき新聞社が、渦中の人物と賭けマージャンというのは、極めて不適切です。

【追記②】文春砲を受けたその後の動き

文春砲を受けた法務省の内部調査に対して、黒川弘務は、賭けマージャンをした事実を認めました

また、関係者に対して、辞任る意向を漏らしているようです。

安倍政権としても、早く幕引きを図りたいでしょうから、黒川弘務の辞任で、早期の決着が図られる展開になりそうが、当然、懲戒免職を求めるべきです。

退職金が支払われるか、その後の天下りが可能かなど、天と地ほどの差があります。

また、安倍政権、特に、森雅子法相の監督責任がウヤムヤにされることも許されません。