政治・経済ニュース

緊急事態宣言で生活・仕事・学校はどうなる?影響をわかりやすく説明!【2020年4月最新解説】

緊急事態宣言がいよいよ秒読みか!?

とどまるところを知らない、新型コロナウイルスの感染拡大。

こうした下で、いつ政府が「緊急事態宣言」を出すのか、が大きな関心を集めています。

政府(首相の安倍晋三や官房長官の菅義偉)は、早期の緊急事態宣言の発令を否定し、まだ「ぎりぎり持ちこたえている」という判断を変えていません。

これに対して、専門家(日本医師会)の幹部は、東京・首都圏は特に危機的な状況が近いとして、「爆発的に患者が増えてから緊急事態宣言を出しても手遅れなので、もう宣言を出してよい」との意見を示しています。

政府は、4月1日の「緊急事態宣言」や4月2日の東京都の「ロックダウン」(「都市封鎖」)の噂を強く否定しましたが、客観情勢としては、いよいよ秒読みになってきている、と言わざるを得ません。

そこで、この記事では、緊急事態宣言が出る場合の生活・仕事・学校への影響について、2020年4月1日の最新情報に基づいて、わかりやすく説明します!




緊急事態宣言の生活・仕事・学校への影響をわかりやすく説明!

緊急事態宣言を出すまでの手続(ざっくりバージョン)

緊急事態宣言は、3月13日に新型コロナウイルス感染症を対象に追加する改正が成立した「新型インフルエンザ対策特別措置法」に基づいて出されます。

専門家による諮問委員会が、法律が定める「2つの条件」を満たすかを判断。

①国民の生命や健康に著しく重大な被害を与える恐れ

②全国的かつ急速な蔓延(まんえん)により国民生活や国民経済に甚大な影響を与える恐れ

諮問委員会が2つの条件を満たすと判断する場合には、それを踏まえて、首相の安倍晋三が、対象となる地域と期間を指定して、緊急事態宣言を出します。

この結果、対象地域の都道府県知事に、色々な新型コロナウイルス対応を行う権限が与えられるわけです。

東京をはじめとした大都市圏で、ロックダウン・都市封鎖を行う場合には、まず政府がその地域に非常事態宣言を出したうえで、それを前提として、都道府県知事が、ロックダウン・都市封鎖を宣言することになると考えられます。

より詳しい緊急事態宣言の手続の流れや、緊急事態宣言とロックダウン・都市封鎖との関係の説明については、次の記事をご覧ください!




生活や仕事に関する要請・指示には強制力なし

日本より先行して緊急事態宣言やロックダウン(都市封鎖)がなされている海外では、外出の禁止を警察が取り締まったり、罰金が科されたりする例も多いです。

マスコミでも、こうしたおどろおどろしいイメージで報道されることが多いです。

しかし、日本の法律に基づく緊急事態宣言は、よりソフトな対応です。

すなわち、外出自粛の要請や、イベント開催やお店の営業の自粛の要請・指示については、現在の「事実上の要請・指示」が「法律に基づく要請・指示」に変わります。

この点で、より強力な制限にはなりますが、法律に罰則の規定はありません。

したがって、警察がこれらを取り締まる、ということはありません。

(なお、臨時の医療施設開設のための土地・建物の同意なしの使用や必要な医薬品などの収容、といった措置には、強制力が与えられますが、多くの国民にとっては無関係です)

もっとも、日本では、非常に同調圧力が強いので、社会からの監視はより強まるでしょう。

特に、若者を中心に、新型コロナへの危機意識が低いと言われる層に対して、より真剣に様々な自粛を促す効果はあると思われます。

このため、ある意味罰則付きの海外よりも日本の方が実効性が高くなるのではないか、と言っている人達もいます。たしかに一理あるかもしれません。




生活への影響

まず、公共交通機関(電車、バス等)については、これらを運営する会社は、危機時にも、人々の生活に必要なライフライン・インフラの機能を維持する義務を負っています。

このため、間引き運転等はあり得ますが、公共交通機関が一斉運行になって一切使えない、といった事態を心配する必要はありません。

この点については、次の記事でより詳しく説明しています。

また、飲み物・食べ物の供給についても、必要な生産や物流の機能は維持されます。

海外でも、当初のパニック的な買いだめでスーパーの棚が空になる、といった例がありましたが、時間が経つにつれ、ある程度落ち着いてきているようです。

このため、まったく通常と同じ、というわけにはいかず、ある程度の不便は致し方ないでしょうが、必要な飲食料がなくなってしまう、といった心配までは不要です。

仕事への影響

緊急事態宣言が出ると、イベント開催やお店の営業の自粛がより強く要請・指示されることになりますので、こうしたお仕事の方は、引き続き厳しい状況が続くと思われます。

政府では、現金給付を含む緊急経済対策の議論を進めていますが、損失補填を含めて、こうした方々へのケアが進むことを強く期待しています。

これに対して、公共交通機関の運行等も維持されますので、多くのサラリーマンにとっては、緊急事態宣言の前後で、大きな変化はない可能性が高いです。

しかし、「緊急事態宣言が出てるのに満員電車で通勤させるのか(怒)」といった批判は、より強まるでしょう。

時差出勤やテレワークの推進に向けた会社へのプレッシャーは強まることになると思われます。

こうした働き方を見直す動きは、より加速すると考えられます。




学校への影響

新型コロナウイルスの感染者拡大が続く東京都では、都立学校の休校措置を延長する方向で調整中です。

学校の再開は、5月のゴールデンウィーク明けになる見込みです。

区立の小中学校も、都の方針に準ずる見通しです。多くの私立でも同じでしょう。

こうした下で、緊急事態宣言の対象となる地域では、当然、小中学校の休校措置は継続せざるを得ないでしょう。

このため、子育て世帯への一層のケアも重要な課題になります。

まとめ

以上のように、日本の法律では、緊急事態宣言は、「よりしっかり気合を入れて、皆で様々な自粛を行おう」という宣言と言えます。

生活・仕事・学校への影響は、事実上のものも含めてもちろん大きいですが、日々の生活自体は、淡々と続いていきます。

過度に恐れることなく、ストレスを溜め過ぎることなく、とはいえ油断することなく、準備を進めていきましょう。

このブログでは、緊急事態宣言・ロックダウン・都市封鎖に関する解説を用意していますので、是非、参考にしていただけると嬉しいです。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!




<この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!>

【緊急事態宣言・ロックダウンのわかりやすい記事まとめ】4月6日、安倍晋三「緊急事態宣言に向けた準備に入ることを表明」へ!

佐々木紀の経歴まとめ!「感染拡大を国のせいにしないで」ツイートで大炎上!

緊急事態宣言・東京ロックダウンはいつから?【4月7日】説が急浮上するこれだけの理由!【最新解説】

緊急事態宣言が出た場合の東京ロックダウンを小池百合子都知事が語る!その実態は!?

マスクの売り切れはいつまで続く?今後も使い捨てマスクの品薄は続き、アベノマスク(布マスク)頼みの見通し!

緊急事態宣言を早く!在日米国大使館が、日本の医療崩壊を予想してアメリカ人に帰国を呼び掛け!

緊急事態宣言を早く!三木谷浩史と孫正義が「超危機的状況」とツイッターで発信を強める!

緊急事態宣言はいつ?なぜ政府は宣言を出さない?【早く宣言を出すべき理由をわかりやすく解説!】

アベノマスク(布マスク2枚)は、なぜエイプリルフールのフェイクニュース扱いされたのか!?

緊急事態宣言で生活・仕事・学校はどうなる?影響をわかりやすく説明!【2020年4月最新解説】

LINE&厚生労働省「新型コロナ対策のための全国調査」は本物!(偽物・詐欺ではありません)

緊急事態宣言・ロックダウンはいつ行われる?専門家と政府の意見がズレる理由を解説!

感染症法33条をわかりやすく解説!ロックダウン・都市封鎖ができる法律は、改正新型インフル特措法だけじゃない!?

緊急事態宣言の手続をわかりやすく解説!新型コロナ対応で「新型インフルエンザ対策特別措置法」を改正!

ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言の公共交通機関(電車、バス等)への影響:一斉運休はない!

ロックダウン・東京封鎖・緊急事態宣言はいつから?【4月6日】からの実施と予想!

ロックダウン・東京封鎖とは何か?政府の緊急事態宣言との関係は?【最新解説】

 

「コロナファイターズ」は黒岩祐治・神奈川県知事の命名!ステッカーも作成するがSNSの反応は微妙・・・

K-1東京・後楽園ホール「Krush.112」は無観客大会に!小池百合子・東京都知事の要請に応じる!

橋下徹・細野豪志・青木真也のK-1強行開催を巡る発言が正論!空気や同調圧力に頼らない正面からの議論が重要!

宝塚歌劇団が公演再開!コロナ感染拡大が続く中での自粛解除に賛否両論が噴出!

K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~をコロナでも決行。主催者M-1スポーツメディア、中村拓己プロデューサー!

 

<ロックダウンに備えて、「インドア生活」のおともに是非!>