政治・経済ニュース

カメムシが兵庫県で大量発生!原因と対策は?

くさーい臭いを放つカメムシ

実は、農作物や果樹類に被害を与える害虫でもあります。

そんなカメムシが、兵庫県で大量発生!

カメムシの大量発生の原因と対策について、まとめます。

カメムシが兵庫県で大量発生!

5月28日、「兵庫県病害虫防除所」は、カメムシが大量発生しているとして、「病害虫発生予防注意報」を出しました。

(以下、図表は、この注意報からの引用です。)

対象地域は、兵庫県すべて

発生時期は、5月下旬~7月下旬、です。

実は、カメムシは、兵庫県では、1年ごとに発生量が増減

今年は、カメムシの発生が多い「表年」に当たりますが、「過去にないほどの数」なのです!

次のグラフをみてみましょう。

今年(2020年)は、太い黒の折れ線グラフです。

カメムシが多く発生する「表年」の過去5年平均(シャドーの面グラフ)と比べても、ぶっちぎりで多いのがわかります。



カメムシ大量発生の原因

兵庫県でのカメムシ大量発生について、明確な原因はわかっていません

カメムシは、花粉の多い年に対象発生しやすい、という説もあります。

しかし、2020年の花粉は過去数年よりも少なかったので、この説明は、今年は使えなそうです。

兵庫県病害虫防除所の担当者は、次のように推測しています。

①昨年(2019年)は、通常は少ない「裏年」だが、いつもの裏年と比べると、カメムシの発生が多かった

②さらに、今年は暖かい暖冬だったため、冬を越せて生き残ったカメムシも多かった。



カメムシ大量発生への対策

カメムシは、農作物や果樹類に被害を与える害虫です。

カメムシは、気温が上がるにつれて活動が活発になるので、今後さらに増えると予想されています。

兵庫県病害虫防除所の担当者は、次のような対策を呼び掛けています。

見回りの強化

②早めに、果樹に袋掛けを行う。

③被害を確認した場合には、すぐに薬剤で防除する。

カメムシの除去には、色々調べてみたところ、「カメムシ博士」の評判が一番良かったです!

そのものズバリの商品名がナイスですね(笑)

こちらが、なるほどー、と一番ウンウン頷いたベストレビューです。

カメムシのニオイを出さず駆除できる!

山に囲まれた我が家では毎年10月~12月頃まで、おびただしい数のカメムシ(茶色いクサギカメムシ)に悩まされます。
冗談ぬきで、風のない暖かい日のベランダでは80匹近く退治する日もあります。

とにかくカメムシの侵入を防ぎたい!!!
侵入だけでも防げれば……!!!

自宅の1階と2階、あわせて23ヵ所の窓枠や網戸の隙間などにもムラ無く薬剤を塗りました。(けっこう疲れました。笑)
塗りムラがあると侵入してきます。

結果は……、すごいです。
これは本当に効きました。家族みんな驚いております。

ハッカ油やら駆除スプレーやら、色々試してきましたが、我が家はハッカ油……効果ナシでした。
カメムシ専用の殺虫スプレーも侵入は防げませんし……。
カメムシの数が多すぎて殺虫スプレーではラチがあかないのです(3日くらいで使いきってしまいます!笑)。

薬剤を塗ってから2週間くらいして台風が来ましたが、サッシが雨で濡れた後でも効果は変わらないようで、相変わらず窓の外にカメムシが死んで落ちています。

時々、本当に時々ですが、侵入してくるカメムシがいます。が、
手足をつっぱらせて、弱っています。部屋の中を飛び回る力は無い様子です。

飛んでくるカメムシを外から観察してみましたが、
網戸に飛んで来たカメムシが薬剤を塗った所(窓枠)に近づくと、慌てた様子で避けていきます。

20ヵ所以上の窓枠に塗りまくったのに、
薬剤の量は5分の1程しか減っていません。
まだまだたっぷり使えそうです。

今回、初めて使用したので、効果の持続期間は
まだ不明ですが、日当たりの良い場所の窓は、
月に1度程度塗り直ししてみようと考えています。

薬剤を塗ったばかりの窓枠(我が家の窓枠は黒色です)は、
濡れてテカテカしていますが(最初ちょっと焦りました)、
晴れた日、半日も経てば乾いて窓の外観的には違和感ナシでした。

薬剤のニオイですが、
私は特に感じませんでした。

塗布作業をするときに必要な容器とハケと手袋が付いてくるので本当にありがたいです!
ハケも大きいので、しっかりたっぷり塗れました。

ムカデ、ゲジゲジにも効果があり、驚きました。サッシの隙間で弱っていましたよ。

この商品を見つけた時は、まだレビューが無くて購入に迷いましたが、本当に購入して良かったと思っています!

これが無いと困るので、必ずまた購入するつもりです!
ありがとうございました。

MASAの意見

これから気温が上がってくるにつれて、カメムシの大量発生が、全国各地で起きそうですね。

農家や家庭菜園をやられている皆さん、気を付けてください!

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!