政治・経済ニュース

石川康晴の経歴まとめ。セクハラで政府会議の議員を務めるやり手社長が厳重注意!

セクハラで政府会議の議員を務めるやり手社長が厳重注意!

ストライプインターナショナル(岡山市)の社長・石川康晴(49歳)について、社員などへのセクハラ行為を朝日新聞が報じました。




報道された内容のポイントは、次のとおりです。

2018年12月に、ストライプインターナショナル社で「臨時査問会」を開催(同社の社外取締役、社外監査役、弁護士が出席)。

石川康晴社長が複数の女性社員・スタッフに対するセクハラ行為をしたとして、同社長に対して厳重注意を実施した。

査問会では、石川氏のセクハラ行為として、2015年8月~2018年5月に起きた4件の事例を報告。

  • 2016年に地方視察した際、女性の店舗スタッフを朝にホテルに呼び出し、本人の同意がないままわいせつ行為に及んだ。
  • 石川社長が宿泊研修時、LINEで社員に「内緒だよ」とメッセージを送り、部屋に来るよう誘った。
  • 店舗スタッフに対して、深夜にホテルのバーに来るよう誘った。
  • 地方在住の店舗スタッフに対して、東京に来て「デート」するよう誘った。

査問会では、石川氏が女性をホテルに誘ったLINEのメッセージや、無理やりわいせつな行為をされたという女性の証言などが資料として示された。

また、その他の事例として、「ストックルーム(倉庫)で抱きつかれた」「移動時に車内でキスされた」といった行為も報告された。

査問会の後、石川社長は、食事に誘ったりホテルに行ったりした事実について認め、陳謝した。

査問会では、石川氏への処分はなく、厳重注意となった。

(出所:朝日新聞)

うーん、報道が事実だとすると、特に1つ目の「2016年に地方視察した際、女性の店舗スタッフを朝にホテルに呼び出し、本人の同意がないままわいせつ行為に及んだ。」というのは、完全アウトというか、事実であれば、むしろ犯罪に当たるのではないでしょうか。

朝日新聞の主催に対して、ストライプインターナショナル社(広報部)は、次のように回答しています。

石川(社長)のセクハラに関する処分はありませんでした。

(査問会の)審議の内容については開示致しかねます。弊社としてはセクハラ防止を含め、コンプライアンス確保に真摯(しんし)に取り組んでおります

ストライプインターナショナルは、女性に人気のアパレルブランド「アースミュージック&エコロジー」などを展開しています。

「アースミュージック&エコロジー」は、就職活動サイト「マイナビ」の大学生人気ファッションブランドランキング(19年)でユニクロ、GU、ナイキに続く4位と、人気が高いです。

宮崎あおいさんや広瀬すずさんのCMで爽やかなイメージだっただけに、セクハラ問題での印象悪化が心配です。

また、石川社長は、2019年3月から、内閣府の「内閣府男女共同参画局推進連携会議」の議員を務めています。

同会議は、男女の人権尊重や政策立案への女性の参画などを目的としており、石川社長のセクハラ問題は、波紋を呼びそうです。




石川康晴の経歴まとめ

石川康晴(いしかわ・やすはる)は、1970年(昭和45年)12月15日生まれの49歳。

出身地は、岡山県の岡山市です。

実業家として、株式会社クロスカンパニー(株式会社ストライプインターナショナル)を創業し、現在も代表取締役社長を務めるやり手社長です。

文化事業として、公益財団法人石川文化振興財団の理事長も務めています。

学歴

中学校は、岡山市立の福田中学校です。

高校は、岡山県立の岡山南高等学校です。

高校卒業後の1989年、専門学校に入学。

創業後の2008年には、社会人入試で、岡山大学経済学部経済学科(夜間主コース)に入学。

2018年には、京都大学経営管理大学院(MBA)を修了しています。

職歴

専門学校を卒業後、紳士服チェーンに就職しますが、2年半で退職。

1994年に、地元の岡山県で、クロスカンパニーを創業(2016年、ストライプインターナショナルに社名変更)。

1999年に、ブランド「earth music&ecology」を立ち上げています。

現在、ストライプインターナショナル社は、社員数約3,700名、年商約1,400億円という大企業に成長しています。

また、ここ数年、IPO(新規株式公開)を行うのではないかと注目されており、東証1部に直接上場する大型案件になるのではないか、と噂されています。

正に、現場からのたたき上げのやり手社長で、岡山にとっては、地元の誇りの全国企業です。

自社サイトにおける社長メッセージもイケイケです。

社会貢献事業

石川康晴社長は、2010年に、地域貢献活動として、私財を投じて、地元である岡山のために、オカヤマアワードを創設。

「自分の生まれ育った故郷岡山をもっと元気にしたい」という思いから、岡山の地域経済活性化と若手支援を目的としており、年に一度、その年に岡山で活躍した(もしくは岡山県出身で活躍した)人物を表彰しています。

また、前述のとおり、政府の役職として、「内閣府男女共同参画局推進連携会議議員」を務めています。

感想です。

改めてみてみると、石川康晴社長のセクハラ問題で、ストライプインターナショナル社で「臨時査問会」を開催されたのは、2018年12月と2年以上前です。

なぜこのタイミングで、朝日新聞の報道が行われたのか、背景が気になります。

政府会議の議員やIPOの動向への影響も注目されますね。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!




<関連記事>

石川康晴が社長辞任!「セクハラ行為・処分はなかった」とダンマリ決め込む!

石川康晴のセクハラLINE・SNSが流出!政府会議の議員は辞職へ!