政治・経済ニュース

遠藤典子・慶應大学教授の経歴は?「カジノ管理委員会」委員就任で話題に!

2019年12月の秋元司・衆議院議員(元IR担当内閣府副大臣・国土交通副大臣)の逮捕以降、広がりを見せるカジノ(統合型リゾート(IR))を巡る汚職疑惑。




そうした中、2020年1月7日、政府の「カジノ管理委員会」が発足。

同委員会は、カジノ事業免許の審査や、カジノ事業者の監督を担う重要な機関です。

この記事では、「カジノ委員会」委員に就任した委員のうち、遠藤典子・慶応大学教授を特集。その華やかな経歴が注目されています!

職 名 氏 名 出 身
委員長 北村 道夫 元福岡高検検事長
委 員 氏兼 裕之 元国税庁名古屋国税局長
委 員 渡 路子 医師(精神科医)
委員(非常勤) 遠藤 典子 慶応大大学院特任教授
委員(非常勤) 樋口 建史 元警視総監

(出所:カジノ管理委員会HP https://www.jcrc.go.jp/index.html

遠藤典子・慶應大学教授の経歴

(出所:慶應義塾研究者情報データベース

遠藤典子(えんどう・のりこ)は、現在、慶應大学湘南藤沢キャンパスの政策・メディア研究科で、特任教授を務めています。

専門分野は「エネルギー・環境政策、リスクガバナンス、エネルギーセキュリティ」。

カジノは、政府にとって「カネが落ちる」メリットが大きい一方、治安の悪化やギャンブル依存症など、様々なリスクも抱えています。

リスク管理の専門家、と期待されての委員就任ではないでしょうか。




年齢

経歴をみると、生年月日は「1968年5月6日生」。

現在51歳ですが、とてもお若くみえますね。

才色兼備で羨ましいです(笑)

経歴

1994年に、株式会社ダイヤモンド社に入社。

その後、2006年には、同社が発行する経済紙「週刊ダイヤモンド」の副編集長を勤めています。

2013年には、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員に就任。

2015年からは、現職の慶應大学特任教授に就いています。

この時期には、2011年の東日本大震災時の原発問題を受けて、2013年、『原子力損害賠償制度の研究ー東京電力福島原発事故からの考察』を岩波書店から出版。

350ページを超える大著で、日本の政治・経済・社会・文化・国際関係などをめぐる優れた論考に対して与えられる、第14回大佛次郎論壇賞を受賞しています。

ビジネス界から学会に、華麗な転身を遂げられていますね。

有名企業の社外取締役を多数掛け持ち

また、現在、NTTドコモをはじめ、有名企業の社外取締役を多数掛け持ちしています。

2016年6月~ NTTドコモ 社外取締役
2018年7月~ アインホールディングス 社外取締役
2019年6月~ 阪急阪神ホールディングス 社外取締役
2019年6月~ バルクホールディングス 社外取締役

(出所:NTTドコモ HP

上場企業は、どこもコーポレート・ガバナンスの観点で、社外取締役を増やす必要があります。

特に、市場からは女性比率もチェックされる一方、これまでの男性中心であったため、候補者となる優秀な女性の数は少なく、企業間で、取り合いになっているようです。

そんな中で、遠藤教授は、正に最適な候補者とみられているのでしょう。

下世話な話ですが、有名企業であれば、社外取締役の報酬は1,000万円を超えるケースも珍しくないので、収入的にも、うらやましい状況ですね(笑)




感想です。

「カジノ管理委員会」は、信頼第一の公的機関の公的機関として、委員は官僚・医者出身者がほとんど。

もっとも、カジノは、最後はあくまでもビジネスです。

遠藤教授の、ビジネス界と学会の双方で得られた知見が生きる機会は、非常に多いのではないでしょうか。

「カジノ管理委員会」の委員就任を受けて、遠藤教授への世間の注目も一段と高まると見込まれます。

益々のご活躍を期待したいです。

<この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!>

「カジノ管理委員会」が、カジノ汚職疑惑の中で発足!その仕事や委員を3分で解説!