政治・経済ニュース

『COCOA』って何?新型コロナ「接触確認アプリ」の気になるポイントまとめ

6月19日15時頃に、政府は、『COCOA』をリリースしました。

この『COCOA』は、新型コロナの拡大防止のために国が開発した「接触確認アプリ」です。

『COCOA』ってどんな意味?

接触確認アプリって何?

利用は強制?

プライバシーは大丈夫?

位置情報も記録されちゃうの?

この記事では、そんな素朴な疑問についてまとめます。




新型コロナの接触確認アプリ『COCOA』って何?

『COCOA』の意味

『COCOA』っていうと、普通は飲み物のココアを思い浮かべますね。

しかし、ここではこのココアはまったく関係ありません。

『COCOA』は、「COVID-19 Contact Confirming Application」の英単語の頭文字をとったものです。

接触確認アプリの概要

『COCOA』は、自分のスマートフォン(iPhone端末/Android端末)にインストールして利用する「接触確認」用のアプリケーション(アプリ)です。

COCOAをインストールすると、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、新型コロナの陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

これにより、アプリの利用者は、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。

政府では、接触確認アプリの利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることを期待して、この『COCOA』を開発しました。

『COCOA』アプリは、6月19日の午後3時から運用を開始し、インターネットで無料でダウンロードすることができます。

動作可能なOSバージョンは、iPhone端末では「iOS 13.5以上」、Android端末では「Android 6.0以上」です。

特に最初の1ヶ月は、試行版(プレビュー版)として運用されます。

(出所:厚生労働省



新型コロナ「接触確認アプリ」のポイント

利用は強制?

『COCOA』をインストールしたスマホ同士が、15分以上1メートル以内に近づくと、相手のデータを互いに記録します。

その後、利用者が新型コロナに感染した場合に、その利用者が感染情報を登録すれば、記録された相手先に「新型コロナ感染者と濃厚接触の疑いがあること」を通知する仕組みです。

接触確認アプリは、利用者が多ければ多いほど効果があるので、政府では、広く利用を呼び掛けています。

しかし、『COCOA』アプリの利用は、あくまでも任意であり、義務ではありません

『COCOA』の仕組みを理解して、使ってみようという人だけが使えばOKです。

この点は安心してください。

プライバシーは大丈夫?

アプリの利用に当たって、やはり一番気になるのは、プライバシーがきちんと守られるか、についてです。

『COCOA』では、アプリの利用に関する本人の同意を前提として、個人情報を記録しない仕組みになっています。

このため、プライバシーは守られる仕組みになっています。

位置情報が記録されちゃうの?

また、GPSなどの位置情報の取得や利用は行われませんので、自分がいつどこに行ったか、といった位置情報は記録に残りません。

あくまでも、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を用いて、どのスマホ同士が近くにあたったか、という相対的な位置関係のみが記録されます。

このため、位置情報は記録されませんので、安心してください。



『COCOA』の気になるポイントまとめ(厚労省Q&A)

上記のほか、『COCOA』アプリを利用する際に気になるポイントを、厚労省のQ&Aから抜粋しますので、参考にしてみてください。

他の利用者との接触をどのように記録するのですか。

スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、ほかのスマートフォンとの近接した状態(概ね1メートル以内で15分以上)を接触として検知します。

近接した状態の情報は、ご本人のスマートフォンの中にのみ暗号化して記録され、14日が経過した後に自動的に無効になります。この記録は、端末から外部に出ることはなく、利用者はアプリを削除することで、いつでも任意に記録を削除できます。

ちなみに、「近接通信機能(ブルートゥース)」は、近距離で通信するための機能で、スマホでは、ワイヤレスイヤフォンなどの周辺機器を利用する場合などに使われています。

通信費はかかりますか。

アプリのインストール時と、新型コロナウイルス感染症の陽性者との接触の可能性の通知を受ける場合など、携帯電話会社の通信網を利用する場合に通信費がかかります。

近接通信機能(ブルートゥース)を有効にするだけでは、通信費はかかりません。

個人情報が収集されることはないですか。

 氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人の特定につながる情報を入力いただくことはありません。

他のスマートフォンとの近接した状態の情報は、暗号化のうえ、ご本人のスマートフォンの中にのみ記録され、14日の経過した後に自動的に無効になります。

行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することはありません。

位置情報を利用するのですか。

GPSなどの位置情報を利用することはなく、記録することもありません。

他の利用者との接触を検知する目安はありますか。

ご利用のスマートフォン同士が、概ね1メートル以内の距離で15分以上の近接した状態にあった場合、接触として検知される可能性が高くなります。

機器の性能や周辺環境(ガラス窓や薄い障壁など)、端末を所持する方向などの条件や状態により、計測する距離や時間に差が生じますので、正確性を保証するものではありません。



インストールしただけで利用できるようになりますか。

インストールした後、最初にアプリを起動する時に、利用規約に同意し、接触検知を有効にしていただき、スマートフォン本体の近接通信機能(ブルートゥース)が有効になっていることを確認していただきましたら、利用いただくことができます。

利用はいつでも中止できますか。

いつでも任意にアプリの利用を中止し、アプリを削除することで、すべての過去14日間分までの記録を削除できます。

アプリでは、どのような通知がきますか。

新型コロナウイルス感染症の陽性者が、本人の同意のもと、陽性者であることを登録した場合に、その陽性者と過去14日間に、概ね1メートル以内で15分以上の近接した状態の可能性があった場合に通知されます。

通知を受けた後は、ご自身の症状などを選択いただくと、帰国者・接触者外来等の連絡先が表示され、検査の受診などが案内されます。

新型コロナウイルス感染症の陽性者がアプリで登録したら通知はすぐにきますか。

利用者への通知は、1日1回程度となっております。アプリへの登録のタイミングによっては、すぐに通知されない場合があります。

なお、アプリの設定で「通知をON」にしていただくと、通知があった場合に画面上に通知メッセージが表示されます。

新型コロナウイルス感染症の陽性者と診断されましたが、アプリで登録しなかったらどうなりますか。

陽性者と診断された場合に、アプリへの登録は、利用者の同意が前提であり、任意です。登録いただくことで、あなたと接触した可能性がある方が、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。

陽性者との接触の可能性が確認されたとの通知を受けたら、何をすればいいですか。

アプリの画面に表示される手順に沿って、ご自身の症状などを選択いただくと、帰国者・接触者外来などの連絡先が表示され、検査の受診などをご案内します。

厚生労働省ではアプリで得た情報を何に利用するのですか。

厚生労働省では、アプリにより、利用者のデータを利用し、収集することはありません。

利用者に氏名・電話番号などの個人情報を入力いただくこともありません。

アプリに関する不具合や意見などは、どこに連絡すればいいですか。

大変お手数ですが、メール(appsupport@cov19.mhlw.go.jp)にてご連絡いただきますよう、お願いいたします。



MASAの意見

外国では、例えば、シンガポールでは既に接触確認アプリが導入されていますが、残念ながら利用が少なく、クラスターの発見などの効果は出せていないようです。

果たして日本で新型コロナの接触確認アプリ『COCOA』が普及するのでしょうか?

今後の動向に、注目が集まりますね。

私も、まずはダウンロードして使ってみようと思います。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!