政治・経済ニュース

安倍晋三はルイ14世?ルイ16世?黒川弘務問題への追及で話題に【ネットの反応まとめ】

5月23日、ツイッターで「#ルイ16世」がトレンド入りしています。

なんでフランスの王様が?と思ったら、黒川弘務問題を巡る首相の安倍晋三への追及に関する話でした。




安倍晋三は「ルイ14世」?黒川弘務問題への追及

元々のきっかけは、5月15日、黒川弘務(前東京高検検事長)の定年延長を受けた検察庁法の改正に反対して、元検事総長ら検察OBが法務省に提出した意見書(全文)です。

本年2月13日衆議院本会議で、安倍総理大臣は「検察官にも国家公務員法の適用があると従来の解釈を変更することにした」旨述べた。

これは、本来国会の権限である法律改正の手続きを経ずに内閣による解釈だけで法律の解釈運用を変更したという宣言であって、フランスの絶対王制を確立し君臨したルイ14世の言葉として伝えられる「朕(ちん)は国家である」との中世の亡霊のような言葉を彷彿(ほうふつ)とさせるような姿勢であり、近代国家の基本理念である三権分立主義の否定にもつながりかねない危険性を含んでいる。

偉いおじいさまの文章なので、難しいですね。

「ルイ14世」(1638年~1715年)といえば、72年もの間フランスの王座に就いていて、ブルボン王朝の最盛期を築いた人物です。

「太陽王」を呼ばれ、あのヴェルサイユ宮殿を建設したことでも有名です。

もちろん、検察OBは、安倍晋三を立派な統治者だ、と褒めたいわけではありません。

黒川弘務の定年延長について、政府はこれまでの確立した法解釈を捨てて、政府の判断で定年延長を認めました。

これについて、日本は現代の民主国家なのに、国会の決めた法律を首相(内閣)が好きなように解釈するのでは、ルイ14世の頃の中世と変わらないじゃないか、と批判しているわけです。

安倍晋三が「ルイ16世」と言い間違い

これを国会で取り上げたのが、共産党の宮本徹・衆議院議員。5月22日の国会質疑で、安倍晋三を追及しました。

【宮本徹】元検事総長らが出した意見書。検察官にも国家公務員法の適用をすると従来の解釈を変更したことについて、「フランスの絶対王制を確立し君臨したルイ14世の言葉として伝えられる『朕は国家である』との中世の亡霊のような言葉を彷彿(ほうふつ)とさせる姿勢だ」と批判。真摯(しんし)に耳を傾けるべきではないか。

【安倍晋三】あの、ルイ16世(正しくは14世)と同じとまで言われると、多くの方々はそれは違うのではないかと思うのではないか。私がここに立っているのも、民主的な選挙を経て選ばれた国会議員によって選出された。根本的なところをよく見ていただかなければならない。共産党はどのように党首を決められるか承知をしていないが、我が党で選挙によって総裁を選んでいる。

【宮本徹】民主国家だからこそ、こういう声を上げて批判されているわけですよ。私たち一人一人は、選挙で選ばれた国民の代表です。立法府は、国権の最高機関なわけですよ。だからこそ、その立法府で定めた法解釈を一方的に捻じ曲げるのは、「朕は国家なり」と同じだ、と批判されているわけです。

議論はかみ合わなかったですが、それ以上に、安倍晋三が、(「ルイ14世」を)「ルイ16世」と言い間違ったことが話題になりました。

「ルイ16世」(1754~1793年)は、フランスブルボン朝の最後の王様です。

1789年にフランス革命が起こり、最後はフランス国民により処刑されました。

王妃は、マリー・アントワネットですね。




ネットの反応まとめ

反アベな皆さん

反アベな皆さんは、「ルイ16世」の言い間違いは、自分がギロチンで処刑されることを心配しているからだ、と言っています。

野党が嫌いな皆さん

野党が嫌いな皆さんは、さすが揚げ足取りな批判だろ、という声ですね。

MASAの意見

この「ルイ14世」と「ルイ16世」言い間違いについては、安倍晋三がギロチンをおそれている、というのは、ちょっと言いすぎだと思います。

現代日本でギロチンという非人道的な処刑を持ち出すこと自体、中世と同じじゃないか、というブーメランの批判を招いてしまうのではないでしょうか。

一方で、それだけ国民の批判が強いのは、これまでの安倍晋三の政権運営への不満の積み重ねなわけです。

この点については、安倍晋三にも、しっかり受け止めて欲しいと思います。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます!>