政治・経済ニュース

アベノマスク(布マスク2枚)は、なぜエイプリルフールのフェイクニュース扱いされたのか!?

アベノマスク:エイプリルフールのフェイクニュース扱いされる!

4月1日、首相の安倍晋三が、「布マスクを2枚、全世帯に配布する」と表明しました。

1住所あたり2枚ずつ、全国5000万あまりの世帯に配られます。




布マスク2枚を全世帯配布:再来週から、品薄に対応

安倍晋三首相は1日の新型コロナウイルス特措法に基づく政府対策本部で、再利用が可能な布マスクを全世帯に配布すると表明した。再来週以降、1住所当たり2枚ずつ、東京都など感染者の多い都道府県から順次届ける。新型コロナウイルスの影響で需要が急激に拡大し、店頭では依然として品薄で手に入りづらい状況が続いていることに対応する。

日本郵便が持つ全ての住所に配布するシステムを活用する。首相は布マスクは洗剤で洗うことで再利用できると指摘した。

政府関係者は感染が拡大している東京都から配布する方針だと明らかにした。今月中に都内での配布を終えたいとしている。

(共同通信)

この突然の発表が、4月1日のエイプリルフールに行われたこともあり、ネット上では、「現実のニュースが、一番フェイクニュースっぽい」と話題に!




「2枚じゃ足りない」、というコラ画像も乱舞しました。どれも名作です(汗)

「布マスクを1世帯に2枚配布」がエイプリルフールのフェイクニュース扱いされた理由を考えてみた!

政府の広報コミュニケ―ションの失敗!

4月1日、安倍晋三は次のように語っています。来週にされる経済対策に、布マスクの買い上げ等の費用に盛り込まれます。

「再来週以降、感染者数が多い都道府県から順次配布を開始する」

「来月にかけて1億枚を確保するメドがたった」

「急激に拡大するマスク需要に対応する上で極めて有効だ」

人々は、「なんでこんな話が急に!?」とびっくりしました。




実は、この布マスクの配布は、3月28日の安倍晋三の記者会見の中でも触れられていました。

しかし、この時、国民の関心は、いよいよ緊急事態宣言が出て東京・首都圏などがロックダウン(都市封鎖)されるのか、でした。

また、自粛要請を受けて収入が激減している人達への損失補填や現金給付の方でしたよね。

布マスクに注目していた人は、いなかったはずです。

それなのに、脇役だったはずの布マスクがいきなり主役でドーンと出てきたので、「え?なにそれ!?」という反応になってしまいますよね。

「4人家族だったら、足りないじゃん!?」、「郵送費がムダじゃない!?」と、際限なく疑問・批判が出てきてしまいます・・・

もし、「全世帯に一律に10万円を交付する。セットで、布マスク2枚を配布する」であれば、国民の反応は大きく変わっていたはずです。

そうでなければ、経済対策を公表するときに、そのメニューの1つとして出せば十分だったのではないでしょうか。

「何を、どう伝えるか」:コミュニケーションにもっと工夫を!

今回の布マスクは象徴的ですが、「国民が求めるもの」と政府のコミュニケーションがズレているのが気になります。

もちろん、予算の制約などがあるので、政府が「国民の求めるもの」のすべてに応えられないのは、致し方ありません。

また、布マスクをもらえるということ自体は、費用対効果の高い政策なのかはいったんおくとして、マスク不足の現在、有り難いことではあります。

しかし、新型コロナウイルスとの戦いが長期戦となる中で、国民の不安・不満が高まりやすい状況です。

「何を、どう伝えるか」という政府の国民に対するコミュニケーションが、非常に重要な局面になっています。

折角の政策が、国民の政府への不信感を高めるような逆効果になってしまうのは、とても残念です。

政府には、今後はフェイクニュースなどと言われてないよう、きちんコミュニケーションを改善して欲しいです。




ちなみに、厚労省・経産省では、「布製マスクの洗い方の動画」を作成しています。

残念な流れにはなってしまいましたが、折角もらえる貴重な布マスクですので、有効に活用しましょう!

 

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<追記>

4月2日、菅官房長官は、「布マスクを2枚、全世帯に配布する」政策について、「この布マスクは使い捨てではなく洗剤で洗えば何度となく利用できることから、増加しているマスク需要を抑制するという意味でも有効だと思っている」と説明。

マスクの1枚当たりの価格は200円程度で、日本郵便の配達費用も含めると、この政策に必要な予算は数百億円に上ります。

報道では、経済官庁出身の官邸官僚が、首相に対して「全国民に布マスクを配れば、不安はパッと消えますから」と発案したのが、このアベノマスクの発端だったとか。

こんな思い付きが実際に数百奥円かけて実行されてしまうところに、恐ろしさと悲しさを感じます。国民を舐めてますね・・・

 

<この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!>