政治・経済ニュース

安倍昭恵と松久正の「3密」大分旅行の写真公開で批判殺到!ツイッターでの反応まとめ!

新型コロナウイルスの感染防止のための自粛要請を顧みずに、3月15日に、パワースポット「宇佐神宮」を訪れるために大分旅行をして批判を浴びた安倍昭恵。

しかも、その旅行が、医師の松久正による「神ドクター降臨 in Oita」という怪しげなツアーであったことも話題を呼びました。

4月25日、FRIDAYが、この安倍昭恵と松久正の大分旅行の「3密」写真を公開し、改めて批判が殺到しています。




安倍昭恵と松久正の「3密」大分旅行の写真公開!

「鳥居に約50人の大集団がたむろしていたので見ていたら、ビックリしましたよ。他人の空似かとも思いましたが、どう見てもご本人……。マスクをしていなかったので、はっきり顔が見えました」

「午前10時過ぎ、参道下の鳥居の前に集まった50人近くの団体は『まだ来ないね』などと話し、誰かを待っている様子でした。しばらくすると、近くの駐車場にタクシーが止まり、昭恵さんと女性、そして小太りの男性が降りてきた。3人はゆっくり歩いて合流。10時半頃に宮司さんが一行を案内し始めました」

「11時頃、境内に現れた昭恵さん一行は、宮司に案内されて本殿の奥へと消えていきました。一般の人は入れないエリアだったので、その後のことはわかりません」

(FRIDAY)

夫の安倍晋三は、「3密」には当たらない、と妻の安倍昭恵の大分旅行を弁護していましたが、明らかに、マスクなしで他のツアー客と密集・密接していますね。

その後の団体での祈祷に参加する際も、このツアーの一団は密着して着席し、警戒しているそぶりはなかったようです。

なにしろ、このツアーを主催していた医師の松久正は、「神ドクター」「ドクタードルフィン」、「変態ドクター」を自称しています。

何度見ても、このツアーの宣伝ビラのインパクトは、半端ないです笑

松久正は、新型コロナウイルスについても、独自過ぎる見解をFacebookで披露しています。

もちろん、「3密」など、気にかけていないでしょう。

とくに、この時期には、
私の自著「ウィルスの愛と人類の進化」
を、読んでほしい。

メディアや記事には、
この本を、しっかり読んでから、
取材をしてほしい。

上部だけの、
薄っぺらい記事は、
人類と地球にとって、
良いことではありません。

いまのウィルス騒動を収めるには、
外出禁止、自粛は、
微々たる効果があるだけ。

人間の意識エネルギーに、
ウィルスが誕生したり、反応する。

外出していても、
意識内容が重要。

ウィルス感染することを受け入れて、
敢えて、自らを進化させる人間の魂も、
少なからず、存在します。

これは、
データで立証できない、
高次元の知識です。




ツイッターでも批判殺到!

安倍昭恵と松久正の「3密」大分旅行の写真公開を受けて、ツイッターでは批判が殺到しています。




MASAの意見

この写真をみると、安倍昭恵の危機感の薄さに、改めて愕然とします。

本人は生粋のお嬢さまで、悪意はまったくないと言われますが、悪意がなければいい、というわけではありません。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のためとはいえ、外出・営業の自粛要請や「3密」を避けるための学校の休校など、どれだけ国民が我慢して耐えているか。

自分自身の「首相夫人」という立場の重さを、まったくわかっていません。

以前、安倍昭恵を指して「善意の暴走族」と評しているのをみたことがありますが、正に言い得て妙ですね。

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

<この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!>