政治・経済ニュース

「河井ルール」の証拠がLINEで流出!河井克行・案里夫妻の公職選挙法違反の疑惑を解説

河井克行・案里夫妻を巡る公職選挙法違反の疑惑

自民党・河井案里参議院議員による2019年夏の参議院選挙での公職選挙法違反事件。




車上運動員(ウグイス嬢)の日当は、公職選挙法で法定上限(1万5千円)が定められていますが、河井陣営では、この倍の3万円の支払いがおこなわれていた、という疑惑がかけられています。

週刊文春の報道を受けて、2019年10月31日には、案里氏の夫である河井克行前法務大臣が、就任後わずか1ヶ月半での辞任を迫られました。

この事件は、2020年入り後も続々と新たな展開をみせています。

1月15日に、広島市にある克行・案里夫妻の地元事務所および秘書の自宅に対して、広島地検が家宅捜索を実施しました。

1月20日には、案里議員の公職秘書である男性が、広島事件の任意聴取に対して、慣例として、違法性を認識したうえで、法定上限を超える支払いを行ったことを認めた、との報道がなされています。

また、車上運動員十数人の自宅についても、同様に家宅捜索が行われました。広島地検の任意聴取に応じた車上運動員(ウグイス嬢)十数名も、違法性を認識しつつ報酬を受け取った、と証言しているようです。

案里氏の陣営では、2019年7月の参議院選挙において、車上運動員への報酬(日当)の支払いに際して、各車上運動員の名義で、日付や名目が異なる領収書を2名作成し、法定上限の範囲内に収まったように偽装する工作をしていたのではないか、と指摘されています。

河井夫妻は、1月15日の夜に、東京都内で記者団の取材に応じましたが、謝罪はしたものの、捜査中を理由に詳しい説明は行われませんでした。また、自民党からの離党や議員辞職は否定しています。

(出所:共同通信)

「河井ルール」の証拠がLINEで流出!違法な報酬支払が夫妻の選挙で横行か

さらに、1月21日には、中国新聞が、法定上限超えの違法な報酬の支払いが、案里氏の参議院選挙だけではなく、過去の克行氏の衆議院選挙でも横行していた疑いがあることを報じました。

中国新聞は、少なくとも2014年と2017年の衆議院選挙では、2019年7月の参議院選挙と同様に、1日3万円の報酬が支払われたとみられる、と指摘。




このような違法な報酬の支払いは、河井陣営内で「河井ルール」と呼ばれて定着していた、との証言もあると報じています。

次のLINEのやり取りは、2019年7月に、案里氏が初当選した際の参議院選挙で、「河井ルール」を前提として、車上運動員(ウグイス嬢)が募集されていたことを示している可能性を示しているものです。

関係者からは、夫妻の選挙運動の指揮を執るのは克行氏であった、との証言もなされているようです。

克行氏は、選挙運動員の振る舞い等にも厳しく、報酬以外にも、克行氏からの要求も含めて「河井ルール」と呼ばれていたのではないか、との声も聞かれます。

2014年・2017年の選挙の際に勧誘を受けた女性は、「両年とも1日3万円の報酬を提示されたが、克行氏の指示が細かく大変だと聞いていたので断った」と証言している、とのことです。

(出所:中国新聞デジタル)

報酬「上限超え」が河井克行氏の過去の衆院選でも横行か 「河井ルール」と呼ばれ定着との証言も

感想

広島地検は、「河井ルール」が始まった時期や経緯、選挙時の指示の流れなどを含めて、慎重に捜査を進めていると推測されます。

果たして、カジノ(IR)汚職疑惑で逮捕された秋元司衆議院議員に続く議員の逮捕があるのか。

2020年通常国会での与野党の攻防も含めて、目が離せない状況が続いています。

どのような新事実が明らかになってくるのか、引き続き注目です。




<関連記事>

河井克行・案里の選挙指示LINE流出!再度の任意聴取で夫妻の逮捕間近か!?

河井案里・克行の秘書逮捕や捜査の広がりと、黒川弘務の定年延長との関係は?

黒川弘務の経歴は?官邸ゴリ押しの「定年延長」で話題に!

立道浩・高谷真介・脇雄吾の経歴&写真!逮捕で河井案里・克行も連座で失職か?

河井案里の経歴まとめ!「河井ルール」で秘書の立件・強制捜査に連座して失職か?

河井克行の経歴まとめ!河井案里の秘書の立件・強制捜査で辞職か?

渡辺典子の経歴は元モデルでセレブ!河井案里への実名告発で話題に

河井案里(あんり)議員への選挙資金1億5,000万円に与党自民党からも驚きの声が!

【文春砲】「河井ルール」の原資は「安倍マネー」選挙資金1億5千万円の入金か

「河井ルール」の証拠がLINEで流出!河井克行・案里夫妻の公職選挙法違反の疑惑を解説