政治・経済ニュース

【文春砲】「河井ルール」の原資は「安倍マネー」選挙資金1億5千万円の入金か

河井克行・案里夫妻に自民党本部から選挙資金1億5千万円の入金

公職選挙法違反の疑いで広島地検の捜査が続いている河井克行・案里夫妻に、新たな文春砲が炸裂しています。




1月22日の文春オンラインは、自民党・河井案里参議院議員が初当選した2019年7月の参議院選挙の公示前に、河井夫妻がそれぞれ支部長を務める自民党支部に対して、自民党本部から、合計で1億5千万円の入金があったと報じました。

2019年4~6月に、自民党・広島県参議院選挙区第7支部(支部長・案里氏)、および、自民党広島県第3選挙区支部(支部長・克行氏)の口座に対して、それぞれ7千500万円、計1億5千万円が、自民党支部から振り込まれた、というのです。

文春オンラインは、この資金が広島地検の捜査対象となっている車上運動員(ウグイス嬢)への報酬の支払いに充てられており、「違法買収」の原資となった可能性がある、と指摘しています。

また、自民党幹部によれば、一候補に1億円を超える選挙資金が提供されるケースは異例中の異例だ、とのことです。

買収の原資か 河井前法相夫妻「選挙資金」1億5千万円の「入出金記録」を入手した(文春オンライン)

この報道について、案里氏は、1月23日、国会内で記者団からの取材に応じ、次のように話しています。

  • 自民党本部から計1億5千万円の入金があったことは事実(「いただきました」)。
  • 自分が活動を始めたのが4月半ば以降で、選挙まで2ヶ月半の短期間で騰勢を拡大しなければならないということで、短い期間に資金が集中した。
  • 具体的な使途については、十分把握していない。
  • 政治資金収支報告書にしっかりと記載し、報告することにしているので、違法性はない。

夫の自民党・河井克行衆議院議員(前法務大臣)は、別の取材に対して、「妻の説明に尽きる」と話しています。

河井案里議員 週刊誌で報じられた1億5000万円「違法性ない」(NHK NEWS WEB)

(出所:共同通信)




「河井ルール」の原資は「安倍マネー」

それぞれの政党が、その支部(候補者)に選挙資金をどのように配分するかは、基本的には各政党の裁量であり、これを制限する法律はありません。

その意味では、案里氏の「違法性はない」という説明は、必ずしも間違いではありません。

しかし、そのお金は、元をたどれば政党交付金、すなわち税金です。当然、透明性を確保し、しっかりとした説明を行うことが求められます。

2019年の参議院選挙では、広島選挙区(定員2名)に自民党から2人擁立。大激戦の結果、案里氏が当選し、長く地盤を有していた溝手顕正氏が落選しました。

克行氏は、首相補佐官を長年務めた安倍首相の「お友達」。他方、溝手氏と安倍首相の関係は微妙であったとされています。

こうした下で、溝手氏への党本部からの選挙資金は、案里氏の10分の1の1千500万円だった、と報じられています。

河井陣営への「安倍マネー」の投入には、安倍首相の強い意向が反映されていたとみられています。

また、河井夫妻については、車上運動員(ウグイス嬢)の日当は、公職選挙法で法定上限(1万5千円)が定められているにもかかわらず、選挙時に、この倍の3万円の支払いを行う「河井ルール」が横行していた、という疑惑がかけられています。

税金を原資に、違法な支払が行われていたのであれば、大きな問題となります。

河井夫妻のみならず、安倍首相も含めて、しっかりと説明責任を果たしていく必要があります。




<関連記事>

河井克行・案里の選挙指示LINE流出!再度の任意聴取で夫妻の逮捕間近か!?

河井案里・克行の秘書逮捕や捜査の広がりと、黒川弘務の定年延長との関係は?

黒川弘務の経歴は?官邸ゴリ押しの「定年延長」で話題に!

立道浩・高谷真介・脇雄吾の経歴&写真!逮捕で河井案里・克行も連座で失職か?

河井案里の経歴まとめ!「河井ルール」で秘書の立件・強制捜査に連座して失職か?

河井克行の経歴まとめ!河井案里の秘書の立件・強制捜査で辞職か?

渡辺典子の経歴は元モデルでセレブ!河井案里への実名告発で話題に

河井案里(あんり)議員への選挙資金1億5,000万円に与党自民党からも驚きの声が!

【文春砲】「河井ルール」の原資は「安倍マネー」選挙資金1億5千万円の入金か

「河井ルール」の証拠がLINEで流出!河井克行・案里夫妻の公職選挙法違反の疑惑を解説