政治・経済ニュース

橋本聖子五輪相は過去にセクハラや問題発言で炎上!違法ギャラ疑惑で改めて話題に

橋本聖子五輪相にもウグイス嬢への違法ギャラ疑惑が延焼!

いよいよ2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックが近づいてきました。




その責任者を務めるのが、橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣(五輪相)(55歳)です。

オリンピックに合計で7度出場した、まさに「五輪の申し子」として知られています(冬季大会:スピードスケートで4度、夏季大会:自転車競技で3度)。

(出所:首相官邸HP

その橋本大臣に、河井案里参議院議員の公職選挙法違反疑惑が延焼しました。

デイリー新潮・週刊新潮(2020年2月6日号)が、河井議員と同様に、橋本大臣も、2019年の参議院選挙で、車上運動員(ウグイス嬢)に、法定の上限である1万5,000円を超える報酬(違法ギャラ)を支払っていたのではないか、という疑惑を取り上げています。

「橋本聖子」五輪相と「高橋はるみ」前道知事にも疑惑ウグイス嬢 違法ギャラで共有?

橋本大臣は、1月30日、記者団の質問に答えて、「法令にのっとり全て適正に処理している。全く事実ではない」と疑惑を全面否定しました。

今後の国会での追及も含めて、展開が注目されています。




橋本聖子五輪相は過去にセクハラで炎上!

そうした中で、橋本大臣の過去のセクハラ問題が、改めて注目されています。

被害にあったのは、男子フィギュアスケートで人気の高橋大輔選手。

(出所:朝日新聞デジタル)

2014年のソチ・冬季オリンピック。橋本大臣は、日本選手団の団長を務めていました。

その閉会式の後の打ち上げパーティーで、橋本大臣が高橋選手に対してキスを強要するなどのセクハラ行為を行ったと、週刊文春がスクープしました(2014年8月20日号「ソチ五輪スキャンダル 高橋大輔 貴公子の受難」)。

(出所:週刊文春)

橋本大臣は、「キスを強制した事実はない」としたうえで、「一般の方の誤解を招くようなことがあったとすれば、気を付けなければならないと反省している」と文書で回答。

これに対して、高橋選手は、報道陣の取材に応じて、「大人と大人がハメを外しすぎた。反省してますが、パワハラ・セクハラがあったとは一切思っていない」と説明しました。

両者がセクハラを否定したことによって、日本オリンピック委員会(JOC)は、本件を不問に付しました。

しかし、JOCから支援を受けている選手の立場は弱いものです。

セクハラの被害者である立場の高橋選手が、記者会見で反省・謝罪の意を示す形になったことには、釈然としない感情を持った人も多かったところです。




橋本聖子五輪相は過去に問題発言でも炎上!

さらに、橋本大臣は、2019年2月には、白血病の闘病中であることを明かした女子競泳の池江璃花子選手に関する発言でも炎上しています。

(出所:Getty Images)

当時の桜田義孝五輪相が、池江選手の白血病公表について「本当にがっかりしている」、「1人がリードすると皆、その人につられて全体が盛り上がる。そういった盛り上がりが下火にならないか、若干心配している」と軽率なコメントをして炎上。

そうした中で、当時、JOCの副委員長を務めていた橋本氏が、次のように発言し、世間の強い批判を浴びました。

「スポーツや五輪、パラリンピックに神様がいるとするならば、今回、池江璃花子の体を使って、五輪、パラリンピックをもっと大きな視点で考えなさい、と言ってきたのかなと思いました」

「あらゆる問題が去年から起きていました。あらゆる面で心配、ご迷惑をおかけしてきました。悩んでいる選手もいる。どうしたら良いのか分からない人もスポーツ界にはいる。ガバナンス、コンプライアンスをしっかりしないといけないと思って、五輪、パラリンピックを1年半前を迎えているスポーツ界」

「池江選手が素晴らしい発信をしてくれたことによって、スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきじゃないんだ、そんなことで、大きな事ではあるけど、ガバナンスやコンプライアンスで悩んでいる場合じゃない、もっと前向きにしっかりやりなさいよ、という発信を、池江選手を使って私達に叱咤激励してきてくれているのかとさえ思いました

橋本氏としては、自身も学生時代に腎臓などの大病を経験しており、そこから立ち直った経験を踏まえた、激励の積りであったとも言われます。

しかし、橋本氏は、JOCの幹部として、問題が多く起きていたガバナンスやコンプライアンスの整備・改善に責任を負っていました。

そうした立場にもかかわらず、選手の病気にかこつけて、自分の責任を棚に上げるような発言をしたことは、不適切と言わざる得ません。

東京オリンピック・パラリンピックでは、選手の皆さんの素晴らしい活躍に集中したいものです。

橋本五輪相には、疑惑に対して丁寧に説明責任を果たすとともに、過去の炎上を乗り越えて、しっかりと大臣としての資質を証明して頂きたいものです。

記事をご覧頂き、どうもありがとうございました!