政治・経済ニュース

【カジノ疑惑】紺野昌彦容疑者の経歴は?保釈で改めて父親やSNSが話題に!

カジノ疑惑で逮捕の紺野昌彦容疑者が保釈に!

昨年12月25日、カジノへの参入を目指していた中国企業「500ドットコム」から賄賂を受け取った疑惑で逮捕された、秋元司・衆議院議員(48)(元内閣府副大臣)。

同日、同議員に対する贈賄容疑で逮捕されたのが、次の3名です。

  • 鄭希(ていき、ジェンシー)容疑者(37):「500ドットコム」日本法人元副社長
  • 紺野昌彦容疑者(48):「500ドットコム」元顧問
  • 仲里勝憲容疑者(47):「500ドットコム」元顧問



このうち、2月6日、紺野昌彦容疑者の保釈が認められ、釈放されました。

保釈金は600万円です。

中国企業元顧問の保釈決定 IR汚職事件、東京地裁 

東京地裁は6日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、贈賄と外為法違反の罪で起訴された中国企業「500ドットコム」の元顧問紺野昌彦被告(48)の保釈を認める決定をした。保証金は計600万円。

紺野被告は「500」社の元副社長鄭希被告(37)=贈賄などの罪で起訴=らと共謀し、2017年9月に衆院議員秋元司被告(48)=収賄罪で起訴=に現金300万円を渡すなど、計約760万円相当の賄賂を渡したほか、無届けで現金1500万円を海外から日本に持ち込んだとして起訴された。(共同通信)

(出所:共同通信

紺野昌彦容疑者の経歴:幅広い海外ビジネス!?

保釈を受けて、紺野昌彦容疑者の経歴や家族関係が、改めて注目されています。

(出所:紺野昌彦Facebook

学歴・職歴:高卒から華やかな海外ビジネスに進出!?

学歴は、京都両洋高等学校(兵庫県西宮市)を卒業。

高校時代から起業するなど、ビジネスに積極的な姿がみられます。

紺野昌彦容疑者のInstagramでは、次のように自己紹介しています。

海外生活8年目。世界を飛び回るお仕事。創業4年で年商11億円にした自社を日系上場企業にバイアウトした後、米国、香港の上場企業を経て、ファウンダーとして複数の事業を創設して来ました。個人で7ヵ国で投資のお仕事しています。

より詳しい職務経歴書・経歴は、紺野昌彦容疑者のブログに掲載されていました。

アジアを中心に、幅広く海外ビジネスに従事していたようです。

紺野昌彦職務経歴書

活動地域、タイ、インドネシア、マレーシア、香港、中国(深セン、広州、上海)台湾が多いです。
日本は年間100日程度。

紺野昌彦経歴

兵庫県尼崎市で生まれ、18歳まで西宮で育つ。以降大阪市内で生活。学生時代は京都。
高校時代に学生起業で法人を立ち上げ現在に至る。

中学時代の一人旅で八重山に足を運んだのがきっかけで、各地を放浪するようになり1999年以来、沖縄在住14年、タイ在住4年目、(香港年のうち3ヶ月在住)の元関西人。

沖縄、大阪、東京、北海道、上海、広州、深セン、台北、バンコク、ヤンゴン、プノンペン、デンパサールと行き来しています。海外とのビジネスはかれこれ20年くらい。現在はバンコク、香港、台北を中心にファンディングや投資事業をおこなっています。

これまで海外進出支援、起業支援、マーケティング、ブランディングプロモーション、プランニングを中心とした、コンサル系企業のプランナーとして、複数の企業の役員や顧問として活動してきました。

紺野昌彦経歴
起業と会社勤めを交互に、民間調査会社、電鉄系シティーホテル、外資系ホテルを経て、ホテル開発会社に勤務。その後、独立し物販業、貿易業、輸入業の店舗、会社を経営。最大7店舗(現在は譲渡、廃業)

その後はコンサルタント業、学校、団体での講師や講演、複数の法人企業の取締役、相談役などの職などをえて今までに36の店舗、法人の立ち上げに携わり、300を超える企画立案、今は6社の法人役員務めています。

紺野昌彦容疑者のFacebookでの職歴をみても、経営者としてのキャリアを歩んでいることがわかります。

  • 株式会社ランス・パートナーズ、Owner and Founder(2019年7月~)
  • 株式会社SCM、取締役(2010年2月~2012年4月)
  • (有)OCTOPUSY、代表取締役(2002年〜2009年)

複数のブログやSNSでも、積極的に情報発信しています。「不動産・金融・事業」を三本柱としています。

  • 「紺野昌彦オフィシャルブログ・絶えまない変化の先」(https://zyosui01.ti-da.net/)
  • 「紺野昌彦の不動産、金融、事業、3つの投資で資産を増やすブログ」(http://konnomasahiko.com/)
  • 紺野昌彦Facebook(https://www.facebook.com/masahiko.konno)
  • 紺野昌彦Instagram(https://www.instagram.com/globalmasahiko/?hl=ja)



父親は、日本維新の会・室井邦彦参議院議員!?

なんと、紺野昌彦容疑者の父親は、現職の国会議員である、日本維新の会の室井邦彦・参議院議員です。

(出所:参議院HP

紺野昌彦容疑者は室井議員の内縁の子どもであり、事実関係は、室井議員も認めています。

こうした政界への人脈も、カジノ疑惑への汚職事件へと繋がっていそうです。

紺野容疑者は、本当に室井議員の子供なのか。室井事務所に問い合わせると、議員本人から折り返しがあり「本来はプライベートなことをお話ししたくはないのですが……」と言い、こう続けた。

「今から約48年前、私が24歳の時のことです。ある女性と恋愛し、彼女が身ごもりました。紺野さんはその時の子供です。それで当時は、純粋に結婚したいと気持ちを固めたのですが、厳格な私の両親が許可しませんでした。それで結婚話はなくなってしまったのです。親権は先方に渡りましたが、私は子供を認知し養育費などもしっかりお支払いしました。この48年間、紺野さんとはほとんどお会いしていません」

(出所:日刊ゲンダイ

「被害者の会」「詐欺師」疑惑!?

インターネットで紺野昌彦容疑者について検索すると、「被害者の会」「詐欺師」という検索キーワードがひっかかります。

海外ビジネスを巡って、一部トラブルがあった可能性がありますが、この点、紺野容疑者は自身のブログで事実関係を否定しています。

さらに、2018年2月、紺野昌彦容疑者は、一般社団法人「沖縄県日中友好協会」を設立し、事務局長に就いています。

同協会の設立祝賀会には、中国側から、当時の程永華大使や総領事などの幹部クラスが参加しています。

紺野昌彦容疑者の深い中国人脈が窺われます。




SNSでは、実績・金持ちアピールがヤバい!?

Facebookでは、世界を飛び回って活躍する様がアピールされています。

特に、2009年11月には、正に顧問をしていた中国企業「500ドットコム」を訪問した様子をレポートしており、注目されます。

香港から深センへ。30年前は漁村だった深センは今では中国でもトップ3に入る大都市にまで成長しており、人類史上最速で成長した都市です。中国では最も早くの代名詞に深センスピードって言葉があるくらいだそうです。まさにその通りで行く度に街の様…

紺野 昌彦さんの投稿 2019年11月25日月曜日

 

また、Instagramでは、現金を見せつける、だいぶ露骨な金持ちアピールも行っていました。

ここらへんから、「怪しさ」を感じ取る人も多いと思われます。

今後の展開は?

先日の鄭希容疑者に引き続き、紺野昌彦容疑者が保釈されました。

検察サイドとしては、保釈しても捜査に影響はない、と判断したとみられます。

今後、カジノ疑惑を巡って大きな捜査の進捗が明らかになることを期待したいです。




<関連記事>

【カジノ疑惑】仲里勝憲容疑者の経歴は?保釈を受けて今後の展開に注目!

【カジノ疑惑】秋元司議員の経歴は?保釈で過去の不祥事やパチンコ利権が改めて話題に!

【カジノ疑惑】鄭希容疑者の経歴・学歴は?保釈でエリートキャリアが改めて話題に!