政治・経済ニュース

カジノ汚職疑惑で、維新が下地議員を除名処分に。比例選出で議員辞職しなかった上西小百合!

カジノ汚職の疑惑で、下地議員が離党届を提出!

カジノ(統合型リゾート(IR))の参入を巡る汚職事件で、中国企業「500ドットコム」社からの現金100万円の受取りを認めた、下地幹郎・衆議院議員(元郵政民営化担当相、比例九州)。




また、この現金の受取りについて、政治資金収支報告書などへの記載は行われていませんでした。

下地議員は、1月6日の当初の記者会見では、議員辞職や離党について明言を避けました。

<関連記事>

「500ドットコム」カジノ汚職事件で次の国会議員の逮捕者は出るのか?維新・下地議員が現金受領を認める

もっとも、翌1月7日には、一転して、所属していた日本維新の会に対して、離党届を提出したことを明らかにしました。

報道によれば、記者団に「党のイメージを考えた」と理由を説明。

議員を辞職するかについては、通常国会の召集(1月20日)までに判断する考えを示しました。

日本維新の会は、下地議員を除名処分に。議員辞職も勧告!

これに対して、日本維新の会は、1月8日、下地議員が提出した離党届を受理せずに、除名処分にすると決定しました。

また、議員辞職も勧告しています。

報道によれば、維新の馬場伸幸幹事長は、「非常に残念だ。二度とこのようなことがないようにしたい」と述べた、とのことです。

日本維新の会は、ずっとカジノ(IR)を推進するスタンスをとってきました。

このカジノ汚職疑惑で、自分の利益のためにこうした政策を推進してきた、と有権者に思われるのは大きなマイナスになります。

こうした中で、厳しい処分を下すことになったと思われます。




比例選出議員は、除名処分なら議員辞職すべき

さて、下地議員は、日本維新の会の比例区(九州ブロック)の選出です。

比例選出議員が離党や除名処分を受けたのであれば、議員も辞職もすべきだと思います。

衆議院議員には、「小選挙区で選ばれた議員」と「比例代表で選ばれた議員」がいます。

小選挙区であれば、有権者は議員個人の名前を書きます。

これに対して、比例代表は、有権者が支持する政党に対して投票するもので、その政党の名簿の順位などによって、どの議員が当選するかが決まる仕組み。

議員個人の前に、政党があるのですから、政党を離れて比例選出議員が活動を続けることは、有権者の意思に反するでしょう。

比例選出で議員辞職しなかった上西小百合!

もっとも、離党や除名処分を受けても、比例選出議員が無所属で活動を続け、議員辞職はしない例が、実際には多くみられます。

政党の名前に頼って当選した比例選出議員が、無所属で次の選挙に勝てる見込みは低いですよね。

であれば、在任期間中は、無所属で議員を続けたい、と考えるのかもしれません。

こうした例で有名なのが、上西小百合・衆議院議員(当時)。

衆議院本会議を欠席した前日に居酒屋やショーパブをはしごしたりしたことが世の中の批判を招き、「一年生議員としてアウト」として、2015年4月に、所属していた維新の党を除名処分になり、議員辞職の勧告を受けました。

もっとも、上西氏は、「法に触れない限りは議員の身分は奪われません。もう、それだったら(党)除名で結構です」と反論し、議員辞職せずに、無所属で活動を続けました。

結局、2017年9月の衆議院の解散で失職するまで、2年半近くにわたり、議員としての地位を保ったわけです。

今回、下地議員は、どのような判断を示すのか。

下地議員は、大臣経験者であり、ポッと出の一年生議員であった上西氏とは、議員としての「格」が違うはずです。

良識を発揮して、地位に連綿としない態度を示すべきではないでしょうか。




<関連記事>

カジノ汚職疑惑で、下地議員が議員活動の継続を表明!辞職を求める声がネットでは多数。