政治・経済ニュース

カジノ汚職疑惑で話題の宮崎政久政務官!週刊文春が取り上げた疑惑とは?

カジノ汚職疑惑で話題の宮崎政久政務官とは?

秋元司・衆議院議員(元IR担当内閣府副大臣・国土交通副大臣)の逮捕以降、広がりを見せるカジノ(統合型リゾート(IR))の参入を巡る汚職疑惑。




贈賄側の中国企業「500ドットコム」が、「(逮捕された秋元司・衆議院議員以外にも)国会議員5人に100万円前後の現金を渡した」と供述し、東京地検特捜部が任意での事情聴取を行ったとされる5名の国会議員。

  • 岩屋毅・衆議院議員(自民党、元防衛相、大分3区)
  • 宮崎政久・衆議院議員(自民党、法務大臣政務官、比例九州)
  • 中村裕之・衆議院議員(自民党、元文部科学政務官、北海道4区)
  • 船橋利実・衆議院議員(自民党、比例北海道)
  • 下地幹郎・衆議院議員(日本維新の会、元郵政民営化担当相、比例九州)

このうち、唯一、現在の安倍政権に政務3役(大臣・副大臣・政務官)として参加しているのが、宮崎政久・法務政務官です。

(引用:首相官邸ホームページ)

宮崎政務官は、1989年に明治大学を卒業。

1992年の司法試験合格後の司法修習で那覇地裁に配属になったことを機に沖縄に移住し、弁護士として活動。

2012年の自民党の政権復帰の際に、衆議院議員に初当選し、国政に進出。

2012年、2014年の衆議院選挙では、社民党の照屋寛徳氏に、小選挙区で敗れて比例復活ですね。

2017年の衆議院選挙では、再び小選挙区で敗れ、ギリギリで比例復活もならずに落選。

しかし、2018年、比例九州ブロックで当選していた園田博之の死去を受けて、繰り上げ当選しています。

2019年9月、第4次安倍第2次改造内閣において、法務大臣政務官に就任しています。

今回のカジノ汚職疑惑に対しては、1月3日のツイッターで、「金銭の提供を受けたことは一切ございません。その他不正なことや不適切なことも一切ございません」と強く否定しています。




週刊文春が指摘する宮崎政務官の疑惑とは?

1月7日掲載の文春オンラインは、贈賄容疑で逮捕された「500ドットコム」の元顧問・紺野昌彦容疑者との関係について、宮崎政務官の説明に虚偽の疑いがあると報じています。

具体的には、

  • 宮崎氏が初当選した2012年の衆議院選挙で、紺野容疑者は、選挙コンサルタントとして宮崎氏の選挙を手伝っていたこと、
  • 「週刊文春」が政治資金収支報告書を精査したところ、同選挙前に、自民党沖縄県第2選挙区支部(代表は宮崎氏)から紺野容疑者に対して、「ホームページ管理費」として累計30万円の支出も記載されていること、
  • 宮崎氏は、元々「弁護士法人那覇綜合」の代表だが、紺野氏が2014年頃に起こした訴訟の代理人弁護士として名を連ねていたこと、

を指摘。

「『当時、付き合いがなかった」との釈明は、より丁寧な説明が求められることになりそうだ。』」、としています。

IR汚職「資金提供業者」と2ショット入手! 宮崎政久法務政務官の説明に疑義
「週刊文春」編集部2020/01/07

週刊文春に対する宮崎政務官の反論は?

これに対して、宮崎政務官は、1月9日、ツイッターで次のように反論。

 

感想です。

長いですが、あえて全文を引用しました。皆さんは、宮崎政務官の反論について、どう感じられますか?

紙面では「その当時」(注:資金提供があったとされる2017年10月)という言葉が削除されていることが読者に誤った印象を抱かせる、と反論していますが、文春オンラインの方では、「その当時」という言葉はちゃんと残っています。

詳細な事実関係については、現在断定することはできず、捜査の進展を待つ必要があります。

しかし、宮崎政務官は、最初の1月3日の説明の際に、過去に紺野容疑者と接点があったことまで説明せずに、キッパリと関係を否定していました。

このため、「後出し」・「小出し」の説明だな、との印象になってしまったのは、否めないのではないでしょうか。

法務省は、刑事事件の捜査やカジノの運営で、重要な役割を果たす省庁です。

そのナンバー3である法務大臣政務官を務めている方ですので、より丁寧に説明責任を果たしていかれることを期待したいです。




カジノ汚職疑惑で話題の宮崎政久政務官!琉球新報が追及する疑惑とは?(その1)

カジノ汚職疑惑で話題の宮崎政久政務官!琉球新報が追及する疑惑とは?(その2)