キャッシュレス/英語

10月1日から「キャッシュレス・ポイント還元事業」に参加する加盟店数は約50万店に(10月11日、追記あり)

いよいよ、10月1日からの消費増税、そして、「キャッシュレス・ポイント還元事業」が始まります。

10月1日からの参加加盟店数は約50万店に!

これに向けて、9月26日、経産省が、最初から制度に参加できる加盟店(中小・小規模店舗)の数が、約50万店になると公表しました!

https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190926010/20190926010.html

制度の対象となる中小・小規模店舗は、日本全国で約200万店あると言われていますので、そのうち4分の1くらいが最初から参加することになりますね。

逆に、4分の3は間に合っていないということです。まだのお店も、これからです!

9月25日時点で、加盟店としての登録を申請済みで、現在審査中である加盟店は、約73万社とのことです。

【10月11日追記】10月21日には約61万店になる見込み!

その後、10月11日の経産省の発表では、同日時点の本事業の対象となる登録加盟店数は、約52万店です。また、10月21日には、約61万店になる見込みとされています。

https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190926010/20190926010.html

どのお店でポイント還元が受けられるかは、次の公式サイトで、検索できます(都道府県別・業種分類別、市区町村別・業種分類別)ので、いつも使っているお店について、確認してみてください。

https://map.cashless.go.jp/search

また、10月中を目途に、こうした公式サイトで使える絞込み検索機能が、アプリにも導入される予定です。

対応できていない店舗も、まだ間に合います!

10月1日に間に合わなくても、還元事業は(少なくとも)2020年6月末まで続きます。

これから、クリスマスセールや、年末年始セールもありますので、まだ準備中で出遅れた~、という場合でも、焦らず着実に準備を進めていきましょう!

今後も審査は随時行われ、原則10月ごとに登録加盟店が追加されていく予定です。

  • 次の表の各〆切日までに、事業の事務局に対して、決済事業者からすべての必要な情報登録・書類提出が不備なく提出されていれば、次の表の還元開始日から、制度に参加して還元開始となります。
  • 決済事業者によって、この〆切に対する申込・審査などのスケジュールは異なりますので、必ず決済事業者に確認しましょう。

(出所:政府特設サイト https://cashless.go.jp/

「キャッシュレス消費者還元制度」に関する加盟店(中小・小規模店舗)のメリット・注意点や、参加手続については、次のページで解説していますので、みてみてくださいね。

「キャッシュレス・消費者還元事業」について加盟店(中小・小規模店舗)のメリット・注意点を解説

「キャッシュレス・消費者還元事業」について加盟店(中小・小規模店舗)の参加手続を解説

このサイトでは、今後とも、キャッシュレス対応を進めたいお店の役に立つ情報を載せていきますので、是非みてみてくださいね。

記事をご覧頂き、どうもありがとうございました!