キャッシュレス/英語

「PayPay」から銀行口座への払出し(出金)について徹底解説!

QRコード決済で最大シェアを誇る「PayPay」(ヤフー&ソフトバンクグループ)。

2019年9月30日から、ユーザーがPayPayの残高を、銀行口座から払い出すこと(出金)が可能になっています。

この記事では、「PayPay」から銀行口座への払出しについて、徹底的に解説します!

利用可能な銀行は60行以上!

銀行口座から「PayPay」への残高のチャージ、そして、「PayPay」から銀行口座への払出しに利用可能な銀行は、次のとおり、60行以上あります。

https://paypay.ne.jp/guide/bank-list/

大手行や地方銀行、そしてゆうちょ銀行が広くカバーされているので安心ですね。

ただし、メガの三菱UFJ銀行が「現在登録できません」となっている他、その他の大手行でも、新生銀行とあおぞら銀行は対象外です。

また、ネット銀行は、ジャパンネット銀行(ヤフーの連結子会社)のみが対象となっているので、注意しましょう。

出金の手続きは、アプリで完結!

銀行口座への払出し(出金)の手続は、次のとおり、アプリで簡単に完結します。

  ①PayPayアプリ下部の[残高]をタップ
  ②残高画面の[銀行口座に出金]をタップ
  ③登録済み口座がある場合、希望の口座を選択
  ④出金したい金額を入力し、出金するをタップ
  ⑤手続きが完了すると、振り込み予定日が記載

 

出金は最低「100円」から可能です。

また、入金が完了した場合、ユーザーの銀行口座の通帳には、振込み元として「PayPay」または「PAYPAY」と記載されます。

出金にかかる手数料は?

出金にかかる手数料は、次のとおり、ジャパンネット銀行は「無料」です。同じヤフーのグループ会社だから、優遇されてますね。

また、ジャパンネット銀行以外の銀行についても、出金金額にかかわらず、「100円」です。

ジャパンネット銀行 0円
ジャパンネット銀行以外の金融機関 100円

(出所:PayPayホームページ)

出金にかかる期間は?

振込みが完了PayPayアプリの[残高]画面で、振り込みの状況がわかります。
詳細をタップすると、振込予定日が確認できます。

なお、手続き後お振り込みが完了するまでの時間は、銀行によって違います。

ジャパンネット銀行だと「即時」と、やはり他の銀行よりも早いですね。

ジャパンネット銀行の場合 即時
ゆうちょ銀行の場合 出金手続きが5時までに完了した場合 3営業日後に振り込み
5時以降に出金手続きをした場合 4営業日後に振り込み
上記以外の金融機関口座の場合 出金手続きが5時までに完了した場合 翌営業日に振り込み
5時以降に出金手続きをした場合 翌々営業日に振り込み

(出所:PayPayホームページ)

本人確認の手続を完了していることが必要!

この「PayPay」から銀行口座への払出し(出金)ですが、利用するためには、本人確認の手続を完了している必要があります。

「PayPay」では、本人確認のやり方として、「銀行口座の認証を利用する方法」と、顔認証と本人確認書類を利用する「かんたん確認を利用する方法」の2つがあります。

チャージ用の銀行口座を登録している場合、入力した情報の確認がとれればすぐに本人確認が完了しますので、「銀行口座の認証を利用する方法」が便利です。

 

ますます便利になる「PayPay」。中小・小規模店舗の皆さんも、要チェックですよ。是非、導入を検討してみてください。


記事をご覧頂き、どうもありがとうございました!